広告

有村架純の次はトリンドル玲奈!?『リアル鬼ごっこ』“ふてぶてしいJK”が全国を席巻

『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
2015年5月29日(金) 23時00分 提供元: cinemacafe.net
『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『ビリギャル』 - (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会
『ビリギャル』 - (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会
“金髪ギャル”に変身した有村架純/映画『ビリギャル』-(C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会
“金髪ギャル”に変身した有村架純/映画『ビリギャル』-(C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会
トリンドル玲奈/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
トリンドル玲奈/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
篠田麻里子/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
篠田麻里子/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
真野恵里菜/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
真野恵里菜/『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』 -(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』ポスター-(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
『リアル鬼ごっこ』ポスター-(C) 2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ

観客動員数120万人を突破し、現在大ヒット中の有村架純主演『ビリギャル』。主人公の女子高生(JK)・さやかの頑張りに魅了されたファンたちが次に注目しているのは、“全国のJK”が鬼に追いかけられる園子温監督の『リアル鬼ごっこ』だという。両者の共通点に迫った。

『ビリギャル』は、有村さん演じる成績学年ビリの“金髪”JKのさやかが、“慶應大学現役合格”を目指す実話をもとに映画化した作品。無謀とも言える目標に挑戦する彼女の姿は、同世代を中心に口コミが広がり、受験生のみならず多くの若者たちや親子連れの心をつかんでビリギャル旋風が巻き起こっている。

なぜ、人々はさやかに魅了されるのか。それは、彼女の人間性にあるようだ。彼女は、普段はまさしく“ふてぶてしい”JKであるにも関わらず、あるきっかけで1つの目標に向かってひたむきに走り抜けていく。その姿に観客はいつの間にか共感し、彼女をどこか応援したくなるのだ。

◆キーワードは「JK×ふてぶてしさ」
“ふてぶてしい”JKが描かれる映画は、過去にも反響を呼んでいる作品が数多い。中でも、彼女らが“異質”な状況に置かれ、追いつめられながらもひたむきに生きる姿には感情移入した人も多いだろう。

例えば、『リアル鬼ごっこ』を手がけた園監督の初期作『自殺サークル』(’02)。物語冒頭、新宿駅のプラットホームから54人のJKが手を繋いで飛び込み、集団自殺する衝撃なシーンは話題となった。

また、『リアル鬼ごっこ』の原作者・山田悠介の小説を映画化した『アバター』(’11) は、地味でさえない自分から“アバター”を着飾ることで学園の女王に成り上がる主人公を、橋本愛が熱演。JK役で能年玲奈や「まれ」の清水富美加も出演している。

さらに、JKの集団妊娠が話題となった衝撃作『リュウグウノツカイ』(’14)は、アメリカの最古の漁業の町ケープ・アンで起こった「女子高生集団妊娠事件」が題材。寉岡萌希、武田梨奈らが出演する。

◆最旬キャストが“ふてぶてしい”JKとなって鬼ごっこ!?
そんな中、全国の“ふてぶてしい”JKが主人公となる『リアル鬼ごっこ』が今夏に公開される。トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜のトリプルヒロインを務めるほか、キャストが全員女子ということでも話題沸騰中だ。

『リアル鬼ごっこ』は、2001年に発刊され、“全国の佐藤さん”が鬼に殺されるという、斬新な設定で中高生を中心に爆発的なブームを巻き起こした山田悠介による大ベストセラー小説。2008年の初の映画化からすでに5本もの映画が公開され、さらに2013年には「リアル鬼ごっこTHE ORIGIN」のタイトルで連続テレビドラマが放送されるなど、出版から10年以上が経ったいまも、新たなメディアミックスが展開され続けている。

最新作となるこの映画で、メガホンを取るのは、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』で知られる鬼才、園子温。『新宿スワン』『ラブ&ピース』『みんな!エスパーだよ!』など、今年も立て続けの公開作が控える中、完全オリジナル脚本で本作を新しく作り上げた。

いったい誰が、何のためにJKを追うのか? 正体不明の鬼が迫る極限の中、彼女たちは“ふてぶてしい”JKはどう立ち向かうのか、スクリーンで確かめてみてほしい。

『リアル鬼ごっこ』は7月11日(土)より全国公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告