健康志向でもやめられない! 外食時に「デザート」を食べてしまう人は57.8%

外食時に、デザートを食べてしまう人は57.8%
2015年6月3日(水) 18時26分
外食時に、デザートを食べてしまう人は57.8%
外食時に、デザートを食べてしまう人は57.8%
食事の後に、デザートや甘いものを食べたくなる人は73.8%
食事の後に、デザートや甘いものを食べたくなる人は73.8%
健康や美容・ダイエットのために行っていることは「ウォーキング」「ストレッチ」「ジョギング」など
健康や美容・ダイエットのために行っていることは「ウォーキング」「ストレッチ」「ジョギング」など
日頃から健康や美容・ダイエットを意識して、食事に気を配っている人は77.5%
日頃から健康や美容・ダイエットを意識して、食事に気を配っている人は77.5%
デザートを食べたくなる欲求は、健康や美容・ダイエット活動に対する障壁だと思う人は73.9%
デザートを食べたくなる欲求は、健康や美容・ダイエット活動に対する障壁だと思う人は73.9%
デザートを食べることに、後ろめたさや罪悪感がある人は57.7%
デザートを食べることに、後ろめたさや罪悪感がある人は57.7%

 現代人のライフスタイルとして定着しつつある「健康志向」。実際に、早朝ウォーキングやヨガ、ランニングなどを日課にしていたり、栄養バランスが良い低カロリーな食事を心掛けている人は少なくない。

 しかしながら、意識的に健康&ヘルシーな生活を送っていても、外食時に「デザート」を食べてしまう人が多いらしい。

 株式会社oricon MEが、4月17日~24日の間、20~40代の男女(計1,000サンプル)を対象に、インターネット上で「食と健康」に関する意識実態調査を行ったところ、 64.6%の人が「外食の際にカラダに良いことを意識している」と回答したが、その一方で、57.8%の人が「外食時にデザートを食べてしまう」と答えたという。

 また同調査で、『健康や美容・ダイエットのために日頃行っていること』を尋ねたら、1位は「ウォーキング(37.1%)」、2位は「ストレッチ(26.7%)」、3位は「ジョギング(14.4%)」という結果になった。

 さらに、『日頃から健康や美容・ダイエットを意識して、食事に気を配っている』という質問項目では、「あてはまる」「ややあてはまる」と回答した人の合計が77.5%だった。しかし、『食事の後はデザートや甘いものを食べたくなる』という質問項目に対して、73.8%の人が「食べたくなる」と回答している。

 このほか、『デザートを食べてしまうことへの罪悪感の有無』という質問項目では、42.1%の人が「ない」と答えたが、「ある(13.8%)」「ややある(43.9%)」という人も多かった。そこで、罪悪感を感じる理由を聞くと、「太るから(女性30代/埼玉県)」「カロリーの摂りすぎになるので(女性40代/神奈川県)」「ヘルシーではないから(女性20代/鹿児島県)」「血糖値とコレステロールが気になる(女性30代/東京都)」「顔とかに吹出物が出るから(女性20代/大分県)」「食べなくてもいいのにわざわざ何か探してきて食べてしまう(女性20代/東京都)」などのコメントが得られた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事