今年は既に「扇風機」を暑さ対策に使用…ドゥ・ハウス調べ

暑さ対策として使用している家電
2015年6月30日(火) 16時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
暑さ対策として使用している家電
暑さ対策として使用している家電
暑さ対策として家電を使い始める時期
暑さ対策として家電を使い始める時期
暑さ対策として家電を使い終える時期
暑さ対策として家電を使い終える時期
1日の平均使用時間
1日の平均使用時間
次回買い替えるときの予算…エアコン(n=1,270)平均額:93,807円
次回買い替えるときの予算…エアコン(n=1,270)平均額:93,807円
次回買い替えるときの予算…扇風機(n=1,146)平均額:7,891円
次回買い替えるときの予算…扇風機(n=1,146)平均額:7,891円
次回買い替えるときの予算…冷風扇(機)(n=166)平均額:12,269円
次回買い替えるときの予算…冷風扇(機)(n=166)平均額:12,269円
次回買い替えるときの予算…サーキュレーター(n=187)平均額:8,719円
次回買い替えるときの予算…サーキュレーター(n=187)平均額:8,719円

 ドゥ・ハウスは、同社のインターネットリサーチサービス「myアンケートlight」を利用し、関東1都6県に住む20代~50代の男女を対象に「家電による暑さ対策」に関するWEBアンケートを実施。6月12日~6月16日の調査期間に、1,401人の有効回答を得た。

 暑さ対策として自宅で使用している家電ついて聞いたところ、トップは「エアコン」、次に「扇風機」となり、ともに8割超が使用していると回答した。また、「冷風扇(機)」と「サーキュレーター」は約1割で、「サーキュレーター」が「冷風扇」をわずかに上回っている。

 例年、使い始める時期について聞いたところ、「扇風機」が6月上旬で最も早く、続いて「冷風扇」と「サーキュレーター」が6月中旬、最も遅かったのは「エアコン」で7月上旬だった。使い終える時期についても聞いたところ、「エアコン」「扇風機」「冷風扇」「サーキュレーター」ともに同じく、9月下旬が最も多かった。

 使用している家電を1日の中でどのくらい使用しているか聞いたところ、「エアコン」「扇風機」「サーキュレーター」は「1時間以上4時間未満」、「冷風扇」は「4時間以上7時間未満」が最も多かった。

 今年、暑さ対策で既に使ったものはあるか聞いたところ、最も多かったのは「扇風機」で45.2%、以下「まだ使用していない」38.1%、「エアコン」34.1%と続いた。

《浦和 武蔵》

関連記事