広告

結婚式で履きたい憧れブランドのシューズ。サマーウエディングにオススメの一足は?

ジミー チュウ(Jimmy Choo)グリッターパンプス(7万円)
2015年6月30日(火) 18時00分 提供元: Fashion Headline
ジミー チュウ(Jimmy Choo)グリッターパンプス(7万円)
ジミー チュウ(Jimmy Choo)グリッターパンプス(7万円)
ジミー チュウ(Jimmy Choo)グリッターパンプス(7万円)
ジミー チュウ(Jimmy Choo)グリッターパンプス(7万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)パール付きサテンパンプス(16万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)パール付きサテンパンプス(16万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)パール付きサテンパンプス(16万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)パール付きサテンパンプス(16万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)ビジュー付きサテンパンプス(15万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)ビジュー付きサテンパンプス(15万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)ビジュー付きサテンパンプス(15万円)
マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)ビジュー付きサテンパンプス(15万円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)サテンオープントゥパンプス(11万5千円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)サテンオープントゥパンプス(11万5千円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)サテンオープントゥパンプス(11万5千円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)サテンオープントゥパンプス(11万5千円)
インソールには“サムシングブルー”になぞらえたブルーのラインストーンを施している
インソールには“サムシングブルー”になぞらえたブルーのラインストーンを施している
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)メタリックストラップサンダル(7万9千円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)メタリックストラップサンダル(7万9千円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)メタリックストラップサンダル(7万9千円)
セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)メタリックストラップサンダル(7万9千円)
フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)レザースニーカー
フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)レザースニーカー
フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)レザースニーカー
フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)レザースニーカー

結婚を控えた女性の為に、伊勢丹新宿本店婦人靴売場バイヤーがオススメする、花嫁に相応しいシューズを紹介。所謂“ジューンブライド”と呼ばれる6月から秋にかけては、ブライダル商戦も一層賑わいを増す時期。これからシーズンインということもあり、秋冬の新作も出そろう頃なので一生に一度の特別な日のシューズは、思い残す事のないよう吟味したい。

まずは英国のラグジュアリーブランドの代表格である「ジミー チュウ(Jimmy Choo)」。シルバーのグリッターにゴールドの格子を重ねたポインテッドトゥパンプス(7万円)は、ウェディングドレスにぴったりのゴージャスな一足だ。メタリックなヒールを採用したデザインで、全方向からのルックを楽しめる。美しいフォルムの引き立つ派手過ぎない仕上がりは、格式のある場所にもしっくりと馴染む。上品な輝きを放つシャンパンゴールドなので、合わせるジュエリーを選ばないのも魅力として挙げられる。

そして同じくラグジュアリーシューズブランドとして誰もが憧れを持つ「マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)」からは、パールで飾り付けることでいっそう高級感の増した、ネイビーのサテンパンプス(16万円)をセレクト。本来は純白のドレスに合わせてホワイトやベージュ、またはゴールド、シルバーなどが一般的に選ばれるが、華やかすぎるものが苦手という人におすすめの一足だ。マノロブラニクが選ばれる理由は、見た目のシャープさを覆す、足入れのしやすさだという。長時間履くのであれば、そのあたりも考慮すべき点だ。

そしてこちらもシューズ好きとして外せない「セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)」からは、サテン素材のオープントゥパンプス(11万5,000円)をピックアップ。上品なピンク系のシャンパンゴールドで、インソールには“サムシングブルー”になぞらえたブルーのラインストーンを一粒添えている。さらに夏らしさを意識するなら、メタリックカラーの映えるストラップサンダル(7万9,000円)もおすすめだ。こちらはトレンドのガーデンウェディングや、二次会などのパーティーに最適。

自分らしさにこだわるなら、高級スニーカーをパートナーとペアで取り入れるのもあり。フィリップ モデル(PHILIPPE MODEL)から選んだ一足は、レザー使いのアッパーにポニーのハラコを組み合わせた、異素材ミックスを堪能できるアイテム。ビーチやガーデンでのウェディング、または二次会など、しきたりに縛られない自由なパーティーであれば、このくらい遊びがあったほうがいい。

今回は一般的なドレスの長さに合わせやすい、9cmから10cmヒールのものをピックしている。最近の傾向として、憧れブランドのシューズを“自分の結婚式”という一大イベントにあやかって手に入れたいという人が増えているそう。また一度履いて終わりではなく、その後も様々なフォーマルシーンで活用したいとのことから、オールホワイトでなく、ドレスにも馴染むカラーものや、オリジナリティのあるサンダルを選ぶようだ。これらを参考に、自身の結婚式のシュミレーションを繰り広げてみてはいかがだろうか。

《畑 麻衣子》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告