榮倉奈々「大人の女性ほど、無邪気。自分の枠の中でしか生きられないって何か違う」【INTERVIEW】

榮倉奈々
2015年7月1日(水) 23時00分 提供元: Fashion Headline
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
榮倉奈々
榮倉奈々
「撮影だったとしても、ての込んだ服を着られるのは幸せなこと」と彼女
「撮影だったとしても、ての込んだ服を着られるのは幸せなこと」と彼女
「少し背伸びして、なりたい自分を想像して、これから着てみたいものを持つことは好き」だと榮倉は語る
「少し背伸びして、なりたい自分を想像して、これから着てみたいものを持つことは好き」だと榮倉は語る

15年春、都内某所のスタジオでとあるファッションシューティングが行われていた。しなやかにカメラの前に立つのは女優・榮倉奈々。

フェンディ(FENDI)、ヴァレンティノ(VALENTINO)、トム フォード(TOM FORD)と、名だたるメゾンの新作を身にまとい、凛とした佇まいでレンズを見つめる。

女性向けファッション誌の専属モデルとしてデビューした彼女だが、秋にも出演映画の公開を控えるなど、女優としての活動も目覚ましい。そんな彼女がいま感じていることを訊いた。

撮影を終えたばかりの彼女にファッションについて尋ねると「撮影だったとしても、手の込んだ服を着られるのは幸せなこと」と返ってきた。撮影で着用したセーターの価格を聞いて驚く等身大の姿もあれば、「少し背伸びして、なりたい自分を想像して、これから着てみたいものを持つことは好き」と少し先の自分に思いを馳せながらファッションを選ぶ時もあるという。

大人の女性と聞いて何をイメージするかという問いには、「ぶれない。こびない。そんなイメージですかね」と笑う。でも、「大人の女性ほど、無邪気だったりする気がしますね。いろんな物事を見てきた女性は、無邪気。キャパシティが広いし、いつも広げようとしているのではないでしょうか。拘りがあってもいいけれど、自分の枠の中でしか生きられないって何か違う。世代は次へ次へと廻っていくから、違う世代のことも受けいれられるのが大人だと思います」とじっくりと言葉を選びながら語ってくれた。

そんな彼女が、最近気が付いたことがあるという。「私のような仕事だと、映画を観たり、本を読むことが勉強だって思っていたけど、そればかりではないって気が付きました」と彼女。

海が好きな彼女が年に2回程訪れるという沖縄の海では「海には、自分の力ではどうにもならないという恐怖もある。でも、その恐怖を超えるような、見たこともない素晴らしい世界が海にはあって、言葉に出来ないような発見がある。海を通じて、未知のものが見えてくる気がする」という。見るもの、感じるもののすべてが学びに繋がるということだろうか。

最近興味があることは「身体のこと」だという。口に入れるものの大切さを知りたくて、栄養学の勉強を始めたという。かといって、執拗にオーガニックに拘るという訳ではないようだ。「私の仕事は、いろんな土地や環境で生活していかなくてはいけない仕事。だから、食べものだけではなくて、身の回りのものでも、何かがなくては生きていけないという状況は作りたくないんです」と彼女。

この言葉に彼女の強さを感じた気がする。

《Shigematsu Yuka》

関連記事