「外房イセエビ」や「外房アワビ」の産地! 千葉県御宿町の魅力を知る

千葉県御宿町で水揚げされた「外房イセエビ」
2015年7月3日(金) 13時35分
千葉県御宿町で水揚げされた「外房イセエビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房イセエビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房イセエビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房イセエビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房アワビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房アワビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房アワビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房アワビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房アワビ」
千葉県御宿町で水揚げされた「外房アワビ」
千葉県御宿町で販売されている「そとぼう栄螺加哩(サザエカレー) 」
千葉県御宿町で販売されている「そとぼう栄螺加哩(サザエカレー) 」
「そとぼう栄螺加哩」の原材料や栄養成分表示など
「そとぼう栄螺加哩」の原材料や栄養成分表示など
千葉県御宿産の外房イセエビを30%使用した「伊勢えびせんべい」
千葉県御宿産の外房イセエビを30%使用した「伊勢えびせんべい」
「伊勢えびせんべい」
「伊勢えびせんべい」
黒くてとろみのある御宿温泉のお湯をイメージした入浴剤「御宿の湯」(御宿町地域限定商品)
黒くてとろみのある御宿温泉のお湯をイメージした入浴剤「御宿の湯」(御宿町地域限定商品)
入浴剤「御宿の湯」は、株式会社バスクリンと御宿町商工会青年部との共同企画商品
入浴剤「御宿の湯」は、株式会社バスクリンと御宿町商工会青年部との共同企画商品
入浴剤「御宿の湯」をお湯に溶かした状態
入浴剤「御宿の湯」をお湯に溶かした状態
吉清文夫会長が、御宿町の魅力を紹介している様子
吉清文夫会長が、御宿町の魅力を紹介している様子
御宿町で旅館「大野荘」を経営している大野氏が、外房イセエビの特徴を紹介
御宿町で旅館「大野荘」を経営している大野氏が、外房イセエビの特徴を紹介
大野氏が、「伊勢えび鬼殻焼き」の食べ方を説明しているところ
大野氏が、「伊勢えび鬼殻焼き」の食べ方を説明しているところ
イベント来場者たちに振る舞われた「伊勢えび鬼殻焼き」
イベント来場者たちに振る舞われた「伊勢えび鬼殻焼き」
イベント来場者たちに振る舞われた「伊勢えび汁」
イベント来場者たちに振る舞われた「伊勢えび汁」
御宿町のゆるキャラ 「エビアミーゴ」
御宿町のゆるキャラ 「エビアミーゴ」

 7月2日、都内にて『御宿 伊勢えび祭り in TOKYO』が実施された。

 同イベントは、一般社団法人御宿町観光協会が主催となり、千葉県御宿町の特産品やフードイベント、観光スポットなどをアピールするために行われたもの。

 御宿(おんじゅく)町は、千葉県の南東、房総半島の東に位置する人口約7,500人の町。JR東京駅から特急列車(ビューわかしお号)に乗車すれば、約80分で御宿駅に到着する。

 特産品は、漁獲量日本一を誇る「外房イセエビ」と、数十万円で取引されることもある、巨大な「外房アワビ」。親潮と黒潮が交わる良好な漁場のため、サザエやワカメ、カツオ、キンメダイ、ヒラメなどの海産物も豊富に採れるという。

 今回のイベントには、御宿町観光協会会長の吉清文夫氏が出席し、御宿町の魅力や歴史のほか、9月1日~10月31日まで開催される「おんじゅく伊勢えび祭り」の情報などを紹介した。

 このほか、御宿産の外房イセエビを使った「伊勢えび鬼殻焼き」と「伊勢えび汁」が振る舞われ、御宿町で旅館「大野荘」を経営している大野氏が、伊勢えび鬼殻焼きの食べ方を説明する場面もあった。

 なお、御宿町に関する詳しい情報は、御宿町観光協会のサイトでチェックすることができる。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事