世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも

暮らしの道具 松野屋 繋げる仕事×荒物雑貨展では、雑巾展も同時開催
2015年7月15日(水) 10時00分 提供元: Fashion Headline
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
暮らしの道具 松野屋 繋げる仕事×荒物雑貨展では、雑巾展も同時開催
暮らしの道具 松野屋 繋げる仕事×荒物雑貨展では、雑巾展も同時開催
松野屋店主・松野弘さん
松野屋店主・松野弘さん
竹ザルや籐やあけび蔓で編まれたカゴなどがずらりと勢揃い
竹ザルや籐やあけび蔓で編まれたカゴなどがずらりと勢揃い
世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも
世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも
長年松野さんが探していたという飲み屋で熱燗を提供する時に使われていた厚口グラス
長年松野さんが探していたという飲み屋で熱燗を提供する時に使われていた厚口グラス
築地の集金鞄も人気アイテムの一つ
築地の集金鞄も人気アイテムの一つ
「ハンターでも、L.L.Beenでもない長靴をウチは狙う」と松野さん。この長靴、もともとは田植え用だとか
「ハンターでも、L.L.Beenでもない長靴をウチは狙う」と松野さん。この長靴、もともとは田植え用だとか
世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも
世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも
「自然食品と同じように、作った人が分かる安心を」という思いから、作り手の写真も商品と共に展示されている
「自然食品と同じように、作った人が分かる安心を」という思いから、作り手の写真も商品と共に展示されている
店主・松野弘さんが手掛けるタフ&シンプルなトートバックシリーズも並ぶ
店主・松野弘さんが手掛けるタフ&シンプルなトートバックシリーズも並ぶ
お掃除が楽しくなる?箒やトタンのチリトリやバケツたち
お掃除が楽しくなる?箒やトタンのチリトリやバケツたち
世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも
世界で愛される荒物雑貨ワールド!暮らしの道具「松野屋」が馬喰町でイベント開催。ごはんマルシェ、雑巾ワークショップも
それぞれの暮らしへのメッセージが込められた雑巾が展示される会場
それぞれの暮らしへのメッセージが込められた雑巾が展示される会場
松野さん自身も、モノづくりの一端を担いたいとバッグのサンプルはこのミシンで自らが縫い上げている
松野さん自身も、モノづくりの一端を担いたいとバッグのサンプルはこのミシンで自らが縫い上げている

竹ザルやカゴ、アルミのお弁当箱や食器、シュロの箒やトタンのちりとりなど、シンプルで使い勝手がよく、丈夫で長持ちする荒物雑貨。若い世代には新鮮に映り、年配者には懐かしく感じる、そんな荒物雑貨を商う「松野屋」が馬喰町ART+EATで「暮らしの道具 松野屋 繋げる仕事×荒物雑貨展」を31日まで開催中だ。

店主・松野弘さんは「最近では、国内外でイベントを開催することが増えてきました。馬喰町ART+EATでは、4回目となる荒物雑貨展。問屋業が主であり、店舗はアンテナショップのみですので、イベントはいろいろなお客さまと直接お話できる機会として大事にしています。また商品の傍らには、職人や工房の写真や映像を展示しています。誰が、どのようにして、作る商品なのかを大勢の人に伝えられるのもイベントの良さですね」と話す。

また、“繋げる仕事”というテーマについては「2年ほど前に東北震災被災地に支援から仕事を! と活動するNPOやデザイナーと知り合い、そのプロジェクトで商品化されたカゴバックを『松野屋』で扱うようになりました。支援だけでは先細りしがちですが、仕事に繋げることで可能性が拡がることがある。支援グッズではなく、商品価値のあるモノ作りのために協力しています」と松野さん。会場でも販売される素朴でかわいいカゴバックは、多くの女性誌に取り上げられ、予想を超える売り上げを叩きだしたそう。7月19日は、この活動におけるトークイベントも予定されている。

さらに同会場では、店主・松野さんの懇意にしているスタイリストやフォトグラファー、周辺のギャラリーやカフェのオーナーといった仲間たち、また妻のきぬ子さんや「松野屋」スタッフなど70名もの人が参加した「雑巾展」を同時開催。てぬぐいやベビー服、Tシャツなどいろんな素材の個性あふれた雑巾が壁一面を彩っている。イベント半ばの7月19日は、トークイベントの他にも米農家・山崎夫妻による「ごはんマルシェ」、「雑巾ワークショップ」、「寄席ばやしや三味線」、ライブなど、仕事仲間やご近所仲間など松野さんの繋がりで仕掛ける様々なフリーイベントが開催される予定だ。

「松野屋」は、昔ながらの問屋街の東京・馬喰町で三代続く卸問屋。また、ノスタルジックな下町として人気の谷中でアンテナショップを手掛けている。さらに日本国内のセレクトショップや百貨店はもちろん、ロンドンの「LABOUR AND WAIT(ローバー アンド ウエイト)」やパリの「merci(メルシー)」、NYやLA、また韓国や台湾など、世界各国の個性的でセンス溢れたショップで「松野屋」の荒物雑貨は扱われている。

【イベント情報】
「暮らしの道具 松野屋 繋げる仕事×荒物雑貨展」
会期:7月7日~31日
会場:馬喰町ART+EAT
住所:東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201
時間:11:00~19:00(火・水)、11:00~21:00(金・土)
   ※7月19日はサブイベントのため11:00~19:00
   ※最終日は11:00~17:00まで
電話:03-6413-8049 

<7月19日サブイベント(11:00~19:00)>
11:00~:お米農家やまざきのごはんマルシェ
13:00~15:00:松野きぬ子の雑巾ワークショップ
        (無料、要予約、雑巾素材を持参のこと)
15:30~17:00:岩手県遠野からの風トークショー
         「東北被災地に支援から仕事を!の活動について」(無料)
17:00~19:00:寄席ばやし・三味線 森本規子、ライブほか

《森有貴子》

関連記事