モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】

モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】
2015年7月22日(水) 09時15分 提供元: Fashion Headline
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】
モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】
モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】
モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】
モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】
モダンな和菓子「HIGASHIYA」のひと口菓子【Today's omiya】

毎日、編集部のオススメ商品を紹介する連載「Today's item」番外編として、今日から7月31日まで、ファッション・ビューティ業界のプロが選ぶ、“東京土産”をご紹介。季節のご挨拶や帰省などでお手土産を用意する機会も多くなる季節。お遣いものに悩むことがあれば、目利き達が太鼓判を押す逸品リストを参考にして欲しい。

FASHION HEADLINEでも執筆の美容ジャーナリストの渡辺佳子さんが推薦するのは、HIGASHIYA(ヒガシヤ)の「ひと口菓子」。HIGASHIYAは東京・銀座と南青山に店舗を構え、伝統菓子を現代的に解釈するスタイルで、お洒落感度の高い人からも指名率の高い和菓子店。「包装、形、しつらい、味まで、オリジナリティにあふれる和モダンの世界が、他にはない存在です」と渡辺さん。

日本の伝統色の名前がつけられた「ひと口菓子」は、まるでチョコレートのように繊細で美しく、小振りで可愛らしい。そして口に運べば、その凡庸でない風味にきっと驚くはず。例えば「棗(なつめ)バター」は、棗椰子に、胡桃とコクのある発酵バターを合わせたもの。従来の和菓子にはない発想と工夫が凝らされている。

風味豊かな味わいで、日本茶はもちろんのこと、洋菓子のようにお酒にもよく合うそう。6つの異なる「ひと口菓子」を詰め合わせた2種のセットが用意されている。

その巻物のようなパッケージも手土産として喜ばれる理由のひとつ。「海外の方々がいるオフィスや、海外から来ている友人宅への手みやげにしますと、包装、デザインなどに興味が集まり話がはずむと思います」(渡辺佳子さん)

《編集部》

関連記事