「血管若返り物質」の分泌が“効率の良いダイエット”につながる?

血管若返り物質「一酸化窒素(NO)」
2015年7月24日(金) 20時38分
血管若返り物質「一酸化窒素(NO)」
血管若返り物質「一酸化窒素(NO)」
上原誉志夫教授
上原誉志夫教授
血管内皮の機能異常は、肥満や老化の加速だけでなく、重篤な病気を引き起こす
血管内皮の機能異常は、肥満や老化の加速だけでなく、重篤な病気を引き起こす
血管が硬くなるのは、加齢性の病気
血管が硬くなるのは、加齢性の病気
「NO」が働くと血流が促進されて若々しく、健康的な身体を維持する
「NO」が働くと血流が促進されて若々しく、健康的な身体を維持する
血管若返り物質「NO」を効率良く分泌する方法
血管若返り物質「NO」を効率良く分泌する方法
血管若返り物質「NO」を効率良く分泌する方法
血管若返り物質「NO」を効率良く分泌する方法
上原誉志夫教授の講演のまとめ
上原誉志夫教授の講演のまとめ
藤川隆彦教授
藤川隆彦教授
リンゴ型体型について
リンゴ型体型について
リンゴ型体型の遺伝子タイプなど
リンゴ型体型の遺伝子タイプなど
洋ナシ型体型について
洋ナシ型体型について
洋ナシ型体型の遺伝子タイプなど
洋ナシ型体型の遺伝子タイプなど
バナナ型体型について
バナナ型体型について
バナナ型体型の遺伝子タイプなど
バナナ型体型の遺伝子タイプなど
キウイ型体型について
キウイ型体型について
キウイ型体型の遺伝子タイプなど
キウイ型体型の遺伝子タイプなど
運動・摂取カロリー調節アプローチ型ダイエット
運動・摂取カロリー調節アプローチ型ダイエット
節食アプローチ型ダイエット
節食アプローチ型ダイエット
排出アプローチ・合成熱量型ダイエット
排出アプローチ・合成熱量型ダイエット
3つのスイッチを活用した代謝促進型ダイエット
3つのスイッチを活用した代謝促進型ダイエット
杜仲茶を活用した、代謝促進型ダイエットとは
杜仲茶を活用した、代謝促進型ダイエットとは
ココロときめく「血管しなやかダイエット」
ココロときめく「血管しなやかダイエット」
一酸化窒素「NO」が出ない要因
一酸化窒素「NO」が出ない要因
杜仲茶(500ml)
杜仲茶(500ml)
杜仲茶(500ml)の栄養成分表示
杜仲茶(500ml)の栄養成分表示

 7月24日、都内にて『杜仲茶研究会 10周年記念メディアセミナー』が実施された。

 同イベントは、小林製薬が販売している清涼飲料水「杜仲茶」の魅力をアピールするために行われたもの。

 セミナー講師として登壇したのは、上原誉志夫教授(共立女子大学 家政学部 食物栄養学科 臨床栄養学研究室)と、藤川隆彦教授(鈴鹿医療科大学 薬学部 薬理・動態分野 分子予防薬理学研究室)。

 上原教授は、血管の構造や血管内皮機能について説明したあと、「肥満や肌、老化、病気は血管内皮機能の低下が関係しています」と言い、しなやかなでやわらかい血管を維持することは、健康や美容、ダイエットにおいてとても重要だと話した。

 また上原教授は、「血管若返り物質の“一酸化窒素(NO)”が働くと、血流が促進され、若々しく健康的な身体を維持できる。硬くなって機能が低下した血管をしなやかにするには、NOの分泌が大切です」と話したあと、「血管が硬めな人に杜仲茶を3か月間飲用してもらったら、杜仲茶を飲んでいない人と比べて、有意に血管がやわらくなり、血圧も正常な状態になったという研究結果があります。杜仲茶を日常的に取り入れながら、血管の“NO”を効率良く分泌させ、効率良くダイエットしましょう」と話していた。

 一方、藤川教授は、肥満の原因となる脂肪細胞について説明した上で、「肥満はさまざまな生活習慣病をドミノ式に引き起こす、最初のトリガーとなります」と言い、肥満がもたらすリスクの大きさを伝えた。

 そして藤川教授は、4つの体型(リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型、キウイ型)と、4つのダイエット(運動・摂取カロリー調節アプローチ型、節食アプローチ型、排出アプローチ・合成熱利用型、代謝促進型)を紹介。

 最後に藤川教授は、杜仲茶を活用した“ココロときめく血管しなやかダイエット”について話し、「杜仲茶を上手に活用し、血管年齢を若返らせ、しなやかな血管を手に入れることが、健康の秘訣であり、長寿の秘訣といえます」と話していた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事