広告

長谷川博己、「anan」表紙に! 佐々木蔵之介ら“大人の男”総勢93人が登場

長谷川博己/雑誌「anan」1964号
2015年7月30日(木) 23時00分 提供元: cinemacafe.net
長谷川博己/雑誌「anan」1964号
長谷川博己/雑誌「anan」1964号
佐藤浩市/雑誌「anan」1964号
佐藤浩市/雑誌「anan」1964号
佐藤浩市/雑誌「anan」1964号
佐藤浩市/雑誌「anan」1964号
「EXILE」MAKIDAI/雑誌「anan」1964号
「EXILE」MAKIDAI/雑誌「anan」1964号
「EXILE」松本利夫&USA/雑誌「anan」1964号
「EXILE」松本利夫&USA/雑誌「anan」1964号
雑誌「anan」1964号
雑誌「anan」1964号
雑誌「anan」1964号
雑誌「anan」1964号

1970年創刊以来、錚々たる俳優やアイドル、モデル、タレントたちがその表紙を飾ることで話題の雑誌「anan」(マガジンハウス社)。現在発売中の同誌1964号では「その魅力に酔いしれたい。大人の男」と題し、俳優からミュージシャンまで様々なフィールドで活躍する大人の男性を大特集。そんな本誌の表紙に俳優の長谷川博己が登場し話題となっている。

今回表紙を飾る長谷川さんは、演じる役によって様々な顔を見せる実力派俳優。『海月姫』での堅物なイケメンエリートでありながら女性恐怖症の童貞男子・鯉淵修役や、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ)などのアクの強いダメ男から、実写版『進撃の巨人』で“最強の男”と呼ばれるシキシマ役や『劇場版 MOZU』東和夫役などクールな大人の男まで多彩に演じ、いまや日本映画界には欠かせない存在といえるだろう。

本誌では、そんな大活躍の長谷川さんの撮り下ろしショットとロングインタビューが掲載。長谷川さんの大人の魅力が存分に堪能できる。

さらに、本誌内には大人の魅力溢れる男性たちがずらり。絶賛大ヒット公開中『HERO』に出演している佐藤浩市もそのひとり。『愛を積むひと』『起終点駅 ターミナル』と、今年は味わいある年上男性を立て続けて演じ、唯一無二の大人の色気を放つ佐藤さんの魅力に迫ったインタビューは必見だ。

そのほか、佐々木蔵之介や仲村トオル、本木雅弘、堤真一、藤木直人ら、いまの映画界で活躍する大人の男たちに加え、先日『あぶない刑事』完結編の製作が決定した“渋メン”舘ひろし&柴田恭兵も名を連ね、豪華俳優陣が集結。

また、年内で「EXILE」パフォーマー卒業を発表した松本利夫、USA、MAKIDAIや、『映画 みんな!エスパーだよ!』の主題歌を担当する岡村靖幸、チバユウスケ、『ミュータント・タートルズ』日本版テーマソングを手掛けた「RIP SLYME」のILMARI、そして入隊目前の「JYJ」パク・ユチョンが登場。ファン垂涎の大人ミュージシャンが勢揃いしている。

仕事でも、映画でも、舞台でも独特の匂いと存在感を放つ男たちに、女子のセンサーが反応すること必至! 総勢93人の大人の男たちの超豪華競演を、見逃さずにチェックしたい。

「anan」1964号は7月22日より発売中。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告