トクホの「十六茶」を“カフェインゼロ”にリニューアル

アサヒ 食事と一緒に十六茶W
2015年8月4日(火) 08時58分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
アサヒ 食事と一緒に十六茶W
アサヒ 食事と一緒に十六茶W

 アサヒ飲料は、脂肪と糖に働く2つの機能を持つ『アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル)』を「カフェインゼロ」に設計変更し、ラインアップも増やして9月29日に全国で新発売する。

 同商品は、食物繊維(難消化性デキストリン)により、食後の糖の吸収と食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする、2つのはたらきを持つ特定保健用食品。

 今回は、トクホ無糖茶における「カフェインゼロ」ニーズに着目し、カフェインを取り除いたデカフェ茶葉(ウーロン茶葉、緑茶葉)を新たに採用することで、食後の糖の吸収と食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする2つのヘルスクレームを持つトクホ茶として「カフェインゼロ」に中味をブラッシュアップ。更に今までよりもすっきりとした味わいに仕上げ、より食事との相性が良くなったという。パッケージは持ちやすくスリムな印象の新PET500mlボトルを採用し、「十六茶」のブランド名を正面に配し、2つの働きを持つことをよりわかりやすくするため「W」を大きく記載。今回の変更ポイントである「カフェインゼロ」をしっかりと訴求している。また、トクホ無糖茶商品はヘビーユーザーになるほど大容量サイズ消費が増える傾向にあることから、今回新たに1LミディPETボトルをラインアップに追加した。

《浦和 武蔵》

関連記事