広告

ボディラインが目立つ夏! 自分の体型に不満はあれど筋トレをしない人が多い?

理想とする体型
2015年8月7日(金) 12時00分
理想とする体型
理想とする体型
筋肉を鍛えることの重要性
筋肉を鍛えることの重要性
筋肉を鍛えるために実践していること
筋肉を鍛えるために実践していること
パーソナルトレーナーの横手貞一朗氏
パーソナルトレーナーの横手貞一朗氏

 猛暑日が続く今日。暑さをしのぐために、薄手で涼しげな半袖シャツやノースリーブの服を着た直後、「二の腕、こんなに太かったっけ? ウエスト周りもたっぷたぷ……。ダイエットしなきゃダメかも!?」と思ったことがある人は、多いのではないだろうか。

 株式会社ディーエイチシーが、7月21日~22日の間、20代~30代の女性500名を対象に行った「理想の体型」に関する調査の中で、“自分の体型の満足度”を尋ねたら、「満足している」と答えた女性は全体の9%となり、90%以上の女性が、自分の体型に何らかの不満を持っていることがわかったという。

 また同調査で、『あなたが理想とする体型はどのようなものですか?』と質問したところ、49%の人が「しなやかな筋肉のついたスレンダーなカラダ」と回答してトップに。そのほか、「全体的に細くて華奢なカラダ(21%)」「グラマラスでセクシーなカラダ(17%)」という回答も多かった。

 そこで、『理想の体型を目指す上で、筋肉を鍛えることは重要だと思いますか?』と質問したら、「とてもそう思う(65%)」「ややそう思う(31%)」と回答した人の合計が96%だった。

 しかしながら、『筋肉を鍛えるために、具体的に実践していることはありますか?』という質問に対し、「実践していることがあり、成果につながっている」と答えた女性は12%と少なく、「実践しようとは思っているが、できていない(46%)」 「実践していることがあるが、成果につながっていない(20%)」という女性が多いことが明らかになった。

 スレンダーなカラダへの憧れはあれど、エクササイズやフィットネスを行っている女性は少ないことが、今回の調査結果で判明した。では、しなやかな筋肉をつくり、理想の体型を手に入れるためには、具体的に何をすればよいのか。そのヒントを得るために、ここでは、トップモデルや女優の指導実績を多数持つ、パーソナルトレーナーの横手貞一朗氏にお話を伺った。

 横手氏は、“自分の今の状態を把握して希望(ダイエットしたい、きれいになりたいなど)をはっきりさせること”が、理想の体型づくりのポイントだという。また、体型に関しては、こういう人になりたいという、理想の人物のボディスタイルだけをイメージするのではなく、「その人がどのような生活をしていて、どのような意識で人生を送っているのかを自分に重ね合わせ、ふだんの生活の中で、理想とする人物のイメージと、自分の差をなるべく縮めるように意識すると、結果が出るのも早いと思います」と教えてくれた。

 さらに横手氏は、“しなやかな筋肉をつくりたいときに気をつけること”として、「食事と運動の両方に気を使うことが大切です。 バランスのとれていない食事は、体にストレスを与えるだけでなく、せっかくトレーニングをしても、その効果を十分に得られなくなってしまいます。また、柔軟性がなく筋肉の可動域が狭いままトレーニングを続けても、凝り固まった体では効果が隅々まで行き渡らず、バランスの悪い体型になってしまいます」と言い、「バランスのよい食事をとり、さらに凝り固まった体の隅々の毛細血管まで酸素や栄養素が行き渡るよう、バランスのよいトレーニングをすることで、さらなる相乗効果が期待できます」と話していた。

 最後に横手氏は、「タオルを使うことで、体のかたい方でも簡単に、安全に、しかもフォームが崩れることを最小限に抑えながらエクササイズを続けることができます」と言い、日常生活で手軽に行える筋肉トレーニングのひとつとして、タオルを使ったエクササイズをオススメしてくれた。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告