“ビールの達人”のうち、4人に1人は「クラフトビール」を50種類以上飲んでいる!?

今まで何種類のクラフトビールのアイテムを飲んだことがありますか?
2015年8月11日(火) 17時21分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
今まで何種類のクラフトビールのアイテムを飲んだことがありますか?
今まで何種類のクラフトビールのアイテムを飲んだことがありますか?
クラフトビールを飲んだことがありますか?
クラフトビールを飲んだことがありますか?
クラフトビールを選ぶポイント
クラフトビールを選ぶポイント
飲んだことのあるビールのタイプはどれですか?(複数回答可)
飲んだことのあるビールのタイプはどれですか?(複数回答可)

 数年前から、ビール好きの間で注目を集めている「クラフトビール(地ビール)」。

 味や醸造場所(地域)などを選択ポイントとして、多種類の銘柄を飲み比べている人もいると思うが、“ビールの達人(びあけん合格者)”のうち、4人に1人は、50種類以上のクラフトビールを飲んでいるらしい。

 一般社団法人日本ビール文化研究会は、7月1日~14日の間、「日本ビール検定(愛称:びあけん)」の1級から3級までの合格者793名(全国の20歳以上の男女)を対象に、クラフトビールの意識調査を行った。

 同調査では、国内大手5社(アサヒビール、キリンビール、サントリー、サッポロビール、オリオンビール)以外が製造している国内商品を「クラフトビール」とし、調査対象者たちに『クラフトビールを飲んだことがありますか?』と尋ねたら、97%の人が「ある」と回答。続いて、飲む頻度を聞いたら、32%の人が「月に1~2日」と回答し、「ほとんど毎日」と答えた人が4%いた。

 また同調査で、『クラフトビールを選ぶポイントを教えて下さい』との問いでは、1位「味(30%)」、2位「醸造場所・地域(14%)」、3位「製法(10%)」という結果に。

 そこで、『今まで何種類のクラフトビールのアイテムを飲んだことがありますか?』と質問したら、25%の人が「51種類以上」と回答し、27%の人は「21~50種類」と答えている。

 このほか、飲んだことがあるクラフトビールのタイプを尋ねたら、97%の人が「ピルスナー」と答え、それ以降では「ヴァイツェン(91%)」「スタウト(88%)」「ペールエール(85%)」「アルト(75%)」「IPA(72%)」という順になった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事