【テニス】錦織圭、シティ・オープン初優勝…世界ランキング4位に再浮上

錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)
2015年8月12日(水) 23時00分 提供元: CYCLE
錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)
錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)
錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)
錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)
錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)
錦織圭がシティ・オープンで初優勝(2015年8月9日)

テニスのシティ・オープンは8月9日、男子シングルス決勝が行われた。第2シードの錦織圭は第8シードのジョン・イスナーを4-6、6-4、6-4で下し初優勝を果たした。錦織は今シーズン3勝目で、最新の世界ランキングでは4位に再浮上する。

身長208センチから打ち下ろす強力なサービスが武器のイスナー。ツアーでも指折りのビッグサーバーに、錦織は今年4月のマイアミ・オープンで完敗していた。

この試合でも第1セットを奪われ、試合を通し18本のエース決められるなど苦戦が続いた。しかし最後まで集中力を切らさず、尻上がりに調子を上げていく。

逆転でツアー通算10勝目を挙げた錦織に、「グランドスラム優勝目指してほしいです」「ランキング的には順当なんだろうけど、それにしてもすごい身長差だな」「錦織に心配するのはケガだけ」「この優勝で最も大きいのはジェームズ・ダックワース、サム・グロス、イスナーと強力なサービス持つ選手を破ったことだな」など、8月31日から始まる全米オープンテニスにも期待できるとの声が寄せられている。

錦織は準々決勝で世界最速サーブのグロス、準決勝では2014年全米オープン決勝で敗れたマリン・チリッチを下し、決勝の舞台まで勝ち上がってきた。対戦相手の顔ぶれを見ても文句なしの優勝と言えるだろう。

《岩藤健》

関連記事