プロ野球人気に女性力…埼玉西武ライオンズ、ヨガ女性との新たなコラボ

埼玉西武ライオンズの並木翔太氏プロ野球人気に女性力…埼玉西武ライオンズ、ヨガ女性との新たなコラボ
2015年8月14日(金) 10時00分 提供元: CYCLE
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
埼玉西武ライオンズの並木翔太氏プロ野球人気に女性力…埼玉西武ライオンズ、ヨガ女性との新たなコラボ
埼玉西武ライオンズの並木翔太氏プロ野球人気に女性力…埼玉西武ライオンズ、ヨガ女性との新たなコラボ
プロ野球人気に女性力…埼玉西武ライオンズ、ヨガ女性との新たなコラボ
プロ野球人気に女性力…埼玉西武ライオンズ、ヨガ女性との新たなコラボ
埼玉西武ライオンズ「スポーツチームの社会貢献を可視化」カロリーオフセット参画
埼玉西武ライオンズ「スポーツチームの社会貢献を可視化」カロリーオフセット参画
埼玉西武ライオンズ「スポーツチームの社会貢献を可視化」カロリーオフセット参画
埼玉西武ライオンズ「スポーツチームの社会貢献を可視化」カロリーオフセット参画
埼玉西武ライオンズ「スポーツチームの社会貢献を可視化」カロリーオフセット参画
埼玉西武ライオンズ「スポーツチームの社会貢献を可視化」カロリーオフセット参画

広く知られる「カープ女子」にはじまり、女性のパワーがプロ野球の情報拡散や人気に大きく関係する昨今、埼玉西武ライオンズの社会貢献事業、「カロリーオフセットプログラム」でも女性の力が垣間見られた。

西武プリンスドームで女性がヨガを実施。広く静かな球場で行うヨガに参加女性は「新鮮だった」など好感触をもったようだ。スマホ、SNSの浸透で、個人の情報拡散が容易になったなか、女性の発言力は大きな原動力になる。

プロ野球ではカープ女子をはじめ、特定チームの応援をする女性陣にニックネームを用意し、ファンの活性化を図る。

セ・リーグでは、読売ジャイアンツの「G-jo」、阪神タイガースの「TORACO」、横浜DeNAベイスターズの「横浜GIRLS」、東京ヤクルトスワローズの「つばめ女子」、パ・リーグでは、オリックスバファローズの「オリ姫」をはじめ、福岡ソフトバンクホークスの「タカガール」などがある。

ライオンズは、NPO法人TABLE FOR TWO International(TFT)、同じくNPO法人のベースボール・レジェンド・ファウンデーションの協力のもと、選手やファンが試合中に消費したカロリーを寄付するチャリティーイベントに取り組んだ。

同イベントを手がけるライオンズの並木翔太氏は、「肌感覚」としながらも女性ファンの力を感じているという。「数パーセント単位ですが、ファンクラブの数字が増えています。女性系のグッズも増やしていて、新しいものに関しても好調。ファンクラブ以外の男女比みたいなものはとれていませんが、肌感覚はあります」と話す。

「選手の見た目のようなものも少なからず影響はあります。また、わかりやすさも大切です。プレーしている見た目が格好良いこと、女性目線であればいわゆるイケメンというわかりやすさ。実力という面であれば、球団の顔になるスター選手というところ。こうした選手を球団としてもバックアップしていきます」と続ける。

さらに「ファンが面白い、格好良いと思ってもらうところから始まるのかなと思っています。特定の選手にファンがつくということもあり、球場のなかでも楽しんでもらえるように、工夫していきます」とし、今後については「Facebookもはじめたばかりなのでまだデータは取りきれていないのですが、女性をターゲットにした施策は検討しています」と、女性ファンが注力層であることは確かだとした。

エンターテインメントの要素も大いに含まれるプロスポーツ。日本における最高峰のプロ野球で、女性のパワーが生かせれば、既存のファンのみならず、新たな視点の楽しみ方、社会との関わり方がみえてくる。

ライオンズも、女性ファンの盛り上がりというムーブメントを捉え、ヨガ、カロリーオフセットという社会貢献とうまく組み合わせることにより、プロスポーツチームの新たな役割、側面の構築を進める。

《編集部》

関連記事