広告

日本調剤、首都圏店舗で熱中症予防の啓発キャンペーン活動実施

日本調剤、首都圏店舗で熱中症予防の啓発キャンペーン活動実施
2015年8月18日(火) 10時00分 提供元: CYCLE
日本調剤、首都圏店舗で熱中症予防の啓発キャンペーン活動実施
日本調剤、首都圏店舗で熱中症予防の啓発キャンペーン活動実施

日本調剤は、8月17日から9月16日までの1カ月間、啓発活動の拠点として、日本調剤の首都圏にある10店舗で熱中症予防の啓発キャンペーン活動を行う。

啓発キャンペーンは、日本気象協会が推進する熱中症予防啓発活動「熱中症ゼロへ」プロジェクトの一環として実施。同社は、熱中症への正しい予防方法や対策を知ることで、熱中症で亡くなる人をゼロにすることを目指した「熱中症ゼロヘ」プロジェクトの主旨に賛同し、サポート活動を行う。調剤薬局企業の同プロジェクトへの参加は初となる。

今回、活動を行う首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)にある同社各店舗では、「まちの調剤薬局が、まちのオアシスに」をテーマに「熱中症対策フェア」を店舗内で実施する。

温度や湿度、「危険」「厳重警戒」などの熱中症指標が分かる「室内環境指標計」を店内に設置。現在の熱中症危険度を知らせる。また、来局者には、「熱中症ゼロへ」プロジェクトが制作する啓発ポスターの掲示やうちわ、熱中症について学べる啓発リーフレットを配布する。

《美坂柚木》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告