ミシュラン10年連続1ツ星フェフが日本橋に新店舗、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」

ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「オマールエビのリングイーネ」(2,500円)
2015年8月28日(金) 18時00分 提供元: Fashion Headline
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「オマールエビのリングイーネ」(2,500円)
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「オマールエビのリングイーネ」(2,500円)
エグゼクティブプロデューサーを務める松嶋啓介
エグゼクティブプロデューサーを務める松嶋啓介
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「蟹のサラダ甲殻類のドレッシングとアボカド」(800円)
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「蟹のサラダ甲殻類のドレッシングとアボカド」(800円)
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「エビのフランベ パスティスの香り 3尾」(750円)
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「エビのフランベ パスティスの香り 3尾」(750円)
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
フランスのミシュランフェフである松嶋啓介がエグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン・マルシェ オ ポワソンがオープン
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「オマールエ海老のロースト、バジリコ風味」
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「オマールエ海老のロースト、バジリコ風味」
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「マグログリルの”マルシェ風ニソワサラダ” アンショワイヤードソース」(1,000円)
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「マグログリルの”マルシェ風ニソワサラダ” アンショワイヤードソース」(1,000円)
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「牛ほほ肉のシチュー トリュフの香り ポテトのムースリーヌ」(1,600円)
ミシュランフェフ・松嶋啓介が手掛ける、魚介専門フレンチ「マルシェ オ ポワソン」/「牛ほほ肉のシチュー トリュフの香り ポテトのムースリーヌ」(1,600円)

フランス・ミシュランの星付きフェフである松嶋啓介が、エグゼクティブプロデューサーを務める魚介専門のフレンチレストラン「マルシェ オ ポワソン(Marche aux Poissons)」が、8月24日に東京・日本橋(東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー地下1階)にオープンした。

松嶋シェフは、20歳で渡仏すると、フランス各地で修業を重ね、02年にフランス・ニースにてレストラン「ケイズ パッション(Kei’s passion)」をオープン。南仏の素材を活かした斬新な料理が評判を呼び、06年に本場フランスのミシュラン一つ星を外国人最年少で獲得した。その後、名称を「ケイスケ マツシマ(KEISUKE MATSUSHIMA)」と改めて拡大オープンし、ミシュランより10年連続で1ツ星を獲得。さらに、10年にはフランス政府よりシェフとしては初となる「芸術文化勲章」を最年少で授与されている。

開放的な空間に仕上げられた「マルシェ オ ポワソン」の店名は、フランス語で“魚市場”の意。提供されるのは、フランスの豊かな食文化の一端を担う南仏・プロヴァンス、マルセイユで親しまれる本場のブイヤベースを中心とした地中海料理だ。

前菜では、南仏では欠かせない食前酒のパスティスで香り付けした「エビのフランベ パスティスの香り 3尾」(750円)や、野菜の酢漬けをそのままソースにし、“鮎の魚醤”をアクセントに加えた「本日の魚のカルパッチョ ギリシャ風野菜添え」(1,000円)を始め、「鯖サンドイッチ ボスボラス海峡風」(750円)、「南仏セート風イカのパイ包み」(700円)などのメニューが用意されている。

メインには「ブイヤベース憲章」に基づく本格ブイヤベース(2,980円)や、赤ワインで煮込んだ牛ほほ肉にトリュフで風味を加えたフランスを代表する料理「牛ほほ肉のシチュー トリュフの香り ポテトのムースリーヌ」、季節の魚料理などの逸品が揃えられた。

ドリンクでは、南仏の漁師たちがラム酒を飲みながら料理を楽しむことから、全20種類のラム酒を用意。その他、ボトルワインやビールなどのアルコール類や、ソフトドリンクが提供される。

店内は、フランスにある港町のマルシェをイメージしてデザイン。圧倒的な存在感を放つ特注のアイスベッドには、厳選食材がずらりと並び、大理石のカウンター席ではシェフの仕事を目の前で見ることが出来る。また、青い天井に配置されたダウンライトは星座を象っており、ロマンチックな雰囲気を演出するものとなっている。

《HEW》

関連記事