広告

あゆ、小室コラボに感激「正直泣くのを堪えた」

浜崎あゆみ (C)Gettyimages
2015年9月1日(火) 20時00分 提供元: RBB TODAY
浜崎あゆみ (C)Gettyimages
浜崎あゆみ (C)Gettyimages
小室哲哉  (C) Getty Images
小室哲哉  (C) Getty Images

 歌手・浜崎あゆみが音楽プロデューサーの小室哲哉と音楽イベント『a-nation stadium fes』でコラボを果たした感想をつづった。

 浜崎と小室は同イベントの23日の大阪・ヤンマースタジアム長居公演、30日の東京・味の素スタジアム公演で共演。globeのヒット曲「DEPARTURES」などでコラボした。

 浜崎は31日にTwitterで、「夢かなって思った自分がいました。正直泣くのを堪えていました」としみじみイベントを振り返る。globeの楽曲を歌ったことについて「私なんて足元にも及ばないのは重々承知で。永遠に憧れで。それでも、だからこそ、届けたかったから。おこがましくも歌わせていただき、本当にありがとうございました!#globe20th #KEIKO #Legend 」と感激とともにつづった。

《原田@RBB TODAY》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告