広告

南アフリカ伝統料理を現代風にアレンジした「バニーチャウ」がロンドンで話題!

南アフリカの伝統料理を現代風にアレンジ「Bunnychow(バニーチャウ)」/イギリスのブレックファーストから着想を得た「Full English Bunny」
2015年9月4日(金) 21時00分 提供元: Fashion Headline
南アフリカの伝統料理を現代風にアレンジ「Bunnychow(バニーチャウ)」/イギリスのブレックファーストから着想を得た「Full English Bunny」
南アフリカの伝統料理を現代風にアレンジ「Bunnychow(バニーチャウ)」/イギリスのブレックファーストから着想を得た「Full English Bunny」
南アフリカの伝統料理を現代風にアレンジ「Bunnychow(バニーチャウ)」
南アフリカの伝統料理を現代風にアレンジ「Bunnychow(バニーチャウ)」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」
レストラン「Bunnychow」

1940年代より南アフリカの伝統料理として愛され続けて来た「Bunnychow(バニーチャウ)」。ロンドン・ソーホーの一角に、この伝統料理を現代風にアレンジして提供するレストランが登場し、話題となっている。

料理と同じ名前を冠した、このレストラン「Bunnychow」は2013年にフードトラックの店舗としてオープン。その後、数多くのポップアップショップが並ぶロンドンのショッピングモール「BOXPARK Shoreditch」への出店を経て、2014年に晴れて実店舗としてオープンした。

この「Bunnychow」という料理は、パンの中身を丸々くり抜き、その中にカレーを中心とした具材を詰め込んだもの。ソーホーの店舗で味わえるメニューは、バリエーション豊かに展開されている。伝統的なマトンカレーの入った「Durban Bunny」、チキンとトマトを使用した「Chakalaka Bunny」、カリフラワーなどの野菜を使用し、スパイシーサウスアフリカンソースで味付けされた「Veggie Bunny」、豚肉をじっくり煮たピリ辛の「Piri Piri Pork Bunny」などが楽しめる。

お好みでピクルス、卵、チーズなどのトッピングを追加可能。ラムのリブや、ぐるぐるに巻かれたボーアウォースソーセージ、果物や野菜がふんだんに使用されたプレスジュースやカクテル、特製チョコレートなど他のメニューも充実している。

また2015年、イギリスの最も革新的な朝食に送られる賞「Most Innovative Breakfast UK」を朝食メニューである「Full English Bunny」で獲得した。この「Full English Bunny」は通常のくり抜いたパンの中に、イギリスの朝食を彷彿とさせるカリカリに焼かれたベーコン、目玉焼き、ソーセージなどが詰め込まれ、ユニークなメニューで話題を集めた。

日本進出の予定はなさそうだが、まだまだ知名度は高いとはいえないこの「Bunnychow」は、サンドイッチやハンバーガーとも違う手軽に食べられるグルメとして、ここ日本でも十分に好まれそうだ。

※本記事は (引用元:http://bunnychow.com/)に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。

《hirokoike》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告