広告

【全米オープン15】ジョコビッチがベスト16入り、耐えてチャンスをうかがう

ノバク・ジョコビッチ
2015年9月6日(日) 09時00分 提供元: CYCLE
ノバク・ジョコビッチ
ノバク・ジョコビッチ
テニス イメージ(c)Getty Images
テニス イメージ(c)Getty Images

全米オープンテニス男子シングルス3回戦、第1シードのノバク・ジョコビッチは9月4日、第25シードのアンドレアス・セッピを6-3、7-5、7-5で下しベスト16入りした。

2011年以来2度目の優勝を目指すジョコビッチは、1回戦から好調を維持してきた。だがセッピの状態もよく、この試合では過去10戦無敗の相手に苦しめられた。

それでも勝負所は譲らないジョコビッチ。「とにかく我慢してチャンスをうかがった」と言う通り、セッピの猛攻を耐えながら確実にゲームを奪った。

苦戦しながらも勝ち上がったジョコビッチに、「フェデラーとかジョコビッチって基本や技術もそうだけどコートの使い方も上手い」「やはりジョコビッチだよな」「久しぶりにラリー戦が続く見ごたえある試合でした」「それでも勝ちきるところが王者!」などファンも強さを感じる試合内容だった。

全米オープンでは過去5度の決勝進出を果たしながらロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダルの高い壁に阻まれ優勝は1度だけ。久しぶりの全米制覇なるか。

《岩藤健》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告