フジテレビ女性管理職に聞く、キャリアがファッションに与える影響とは?

韓流ブームを牽引した「韓流α」シリーズ、地上デジタルテレビ放送への移行キャンペーンのキャラクター「地デジカ」の企画を担当するなど、話題になる企画を生み出してきた八木さん
2015年9月27日(日) 15時00分 提供元: Fashion Headline
韓流ブームを牽引した「韓流α」シリーズ、地上デジタルテレビ放送への移行キャンペーンのキャラクター「地デジカ」の企画を担当するなど、話題になる企画を生み出してきた八木さん
韓流ブームを牽引した「韓流α」シリーズ、地上デジタルテレビ放送への移行キャンペーンのキャラクター「地デジカ」の企画を担当するなど、話題になる企画を生み出してきた八木さん
常にそばにある仕事道具は、エルメスの手帳、iPad mini、スマートフォン。ビジネス小物には、ピンクや赤系のカバーで華やかに
常にそばにある仕事道具は、エルメスの手帳、iPad mini、スマートフォン。ビジネス小物には、ピンクや赤系のカバーで華やかに
「台湾のゲームメーカーと商談予定だから」と、ゲームメーカーの人気ゲームをネイルにデザインしてもらったそう
「台湾のゲームメーカーと商談予定だから」と、ゲームメーカーの人気ゲームをネイルにデザインしてもらったそう
「台湾のゲームメーカーと商談予定だから」と、ゲームメーカーの人気ゲームをネイルにデザインしてもらったそう
「台湾のゲームメーカーと商談予定だから」と、ゲームメーカーの人気ゲームをネイルにデザインしてもらったそう
靴は、レザー×パイソン型押しのダークブラウンのショートブーツ
靴は、レザー×パイソン型押しのダークブラウンのショートブーツ
幾何学模様のカットソーに黒のインナー。そしてトレンドのガウチョパンツをあわせる軽快なオンスタイル。すべてプレシャスミックスで購入した今シーズンのアイテム
幾何学模様のカットソーに黒のインナー。そしてトレンドのガウチョパンツをあわせる軽快なオンスタイル。すべてプレシャスミックスで購入した今シーズンのアイテム

安部晋三首相の唱える「女性が輝く日本!」というスローガンのもと、この夏「女性活躍推進法」が成立した。各企業において、女性の活躍に関する状況を把握し、行動計画を策定することを求める「女性活躍推進法」。さまざまな調査事項があるものの、特に注目されているのが女性管理職比率だ。政府は「2020年までに女性管理職比率30%」という目標を掲げ、各企業へ努力を求めていくという。

世間的には少ないとされる女性管理職だが、上場企業の女性社長就任もさほど珍しいことではなくなり、女性管理職が今後ますます増加していくことは想像に難くない。男女問わず、誰しも役職に就くことでビジネスマインドは、大きく変化を遂げる。それがオンスタイルのファッションにどのような影響を与えるのか? ファッションポリシー、TPOに合わせたオンスタイルとは、ショッピングについて、株式会社フジテレビジョンの総合開発局新規事業開発センターの室長・八木祐子さんに話を伺った。

――現在、総合開発局新規事業開発センターの室長ということですが、どのようなお仕事なのですか?

秘書室や編成部を経て、14年に新しく立ち上げた本部署の室長に今年なりました。全部で8名の小さな部署ですが、さまざまな企業とパートナーを組みビジネスに繋げる取り組みを進めています。CM広告やテレビ制作のコンテンツを活用した収益モデルとはまったく違っていますので、その辺りを各企業にご理解頂くところから始めています。今春、銀座三越などの商業施設と組んでセミナー事業をスタートさせました。さまざまなパートナー企業とコラボレーションをしながら多種多様な事業を展開したいと思っています。

――さまざまな企業と新たなビジネスを仕掛けていく、いろんな立場のお相手と会うことが多そうですね。テレビ業界ということで比較的自由な服装かもしれませんが、八木さんのオンスタイルにおけるポリシーを教えていただけますか?

相手に不快感を与えないことを前提として、基本的には自分の好きなファッションで仕事をしています。通常は、今着ているようなモノトーン中心のカジュアルスタイルが多いですね。そしてオンスタイルとはいえ、どこかにトレンド要素を取り入れることも意識しています。ただ秘書室に在籍していた時は、当時のきまりでもあるワンピースにジャケットというスタイルでした。管理職だからというより仕事内容による服装の差が大きいかもしれません。今の方がずっとラフですから(笑)。

――今日は、キレイめカジュアルといったスタイルですね。好きなスタイルで仕事をするとはいえ、管理職という立場になったことで、ワードローブの変化などはありましたか?

初めて管理職として服装を意識したのは、編成部のデスク担当部長の時でした。その際は、「あぁスーツを買わなきゃ!」と思いました。ほとんど持っていなかったから(笑)。最初はスーツを着ることもありましたが、次第にTPOを判断してワンピースやパンツスタイルでもいいかなと思うように。ここ一番のスポンサープレゼンでは、ジャケットを着ることもありましたが、スーツを着たのは本当に最初だけでしたね(笑)。基本的に、カラダ馴染みのいいラクでキチンと見えるスタイルが好きなんです。

――ラクでキチンと見えるスタイル、長時間仕事をしている方の言葉だなと思います。初めての人との会合、年齢や立場も上の方との会食も多いと思いますが、その際にはどのようなスタイルなのでしょうか?

ワンピースやスカートスタイルが多いですね。もともとワンピースが好きなんです、キチンと見えるしラクでしょう(笑)。普段のオンスタイルでは、フラットな靴をあわせることが多いのですが、会食や会合にはヒールのある靴を履いたり、アクセサリーをあわせたり、華やかかつ“キチンと感”が出るようにします。

――管理職になったことで、服の買い方やブランド選びは変わったりしましたか? また、お気に入りのブランドなどを教えてください。

20代の頃は、銀座に渋谷に新宿にと、いろんなファッションスポットやブランドで買物をする行為を楽しんでいました。でも、編成部の管理職時代、突然の事件や事故における特別番組の放送対応を判断する立場となり、休日でもまったく気が抜けなくなったんです。そこで自然と買物時間を短縮しようと考えるようになりました。それ以降、伊勢丹新宿本店4階にあるプレシャスミックスでシーズンごとにまとめ買いしています。お店に行くと、今シーズンのアイテムの中から、私に似合そうな服を何十着かラックに用意してくれていて、2~3時間かけて選ぶ買物スタイルに落ち着いています。

――すごい! では年4回、まとめて一気にお買物されるのですね。服は完全におまかせ? アクセサリーや靴も同じですか? とやや興奮ぎみでスイマセン…。

アクセサリーやベルトなどは、同じブランドの方が使い勝手がいいので、プレシャスミックスで買うことが多いです。靴は、同ショップにセレクトアイテムとして置いてある靴か伊勢丹の靴売場へ。最後は、伊勢丹のデパチカでおいしいモノをパトロールして終了です。プレシャスミックスのスタッフとは、もう10数年のお付き合いになります。私の仕事、趣味嗜好、何を持っているか、を分かってくれているので、本当にスムーズに買物ができる。そしてトレンドアイテムをいい具合に差し込んでくれる。でも、選んでくれた洋服すべてを購入するわけではありません、予算もありますから。最後は、かなりの攻防戦を繰り広げています(笑)。

――ビジネスで使用する小物などにこだわりはありますか?

気にいっているものは、エルメス(HERMES)の手帳ですね。書きやすいですし、品があるピンクのレザーカバーがいい。服はモノトーンを選ぶことが多いのですが、小物はピンクや赤系を選ぶことが多いかも。名刺入れもピンク、スマホカバーは赤系の花柄、iPad miniカバーも赤と、フェミニンな色遣いにしています。あと小物ではないですが、お台場はかなり寒いので、これからの季節はユニクロ(UNIQLO)のヒートテック“極暖”は手放せません。シーズン前には、伊勢丹帰りにユニクロで買いだめしちゃうんですよ(笑)。これも一種のこだわりかもしれません。

新たな組織を編成して、事業戦略を練り、精鋭揃いのスタッフをマネジメントする立場ながらも、どこかかわいらしい雰囲気が漂う八木さん。管理職だからとスーツに身を包むことはなく、自分らしいスタイルでいいのでは、とまったくもって自然体。しかし会食には華のあるスタイルで出向くこと、また商談予定の企業が手掛けるゲームのイメージをネイルにあしらうなど、相手を喜ばせるポイントはしっかり押さえている、そこが八木流オンスタイルの要かもしれない。

《森有貴子》

関連記事