三越伊勢丹・基幹3店舗のクリスマスケーキ。日本橋三越は「脱・カタログ化」で特色

三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ/【左】アニバーサリーの「House at little Christmas」(50点限定 7,560円)&【右上】マドモアゼルCの「Take my heart」(20点限定 12,960円)&【右下】オクシタニアルの「ホーリーナイト」(50点限定 5,400円)
2015年10月3日(土) 15時00分 提供元: Fashion Headline
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ/【左】アニバーサリーの「House at little Christmas」(50点限定 7,560円)&【右上】マドモアゼルCの「Take my heart」(20点限定 12,960円)&【右下】オクシタニアルの「ホーリーナイト」(50点限定 5,400円)
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ/【左】アニバーサリーの「House at little Christmas」(50点限定 7,560円)&【右上】マドモアゼルCの「Take my heart」(20点限定 12,960円)&【右下】オクシタニアルの「ホーリーナイト」(50点限定 5,400円)
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ
三越日本橋本店の15年クリスマスケーキ

季節は秋本番だが、すでにクリスマス商戦に向けた動きは各業界で始まっている。特に毎年大きな注目を集めるのは、クリスマスケーキだろう。三越伊勢丹では、10月14日から今年のクリスマスケーキの予約を、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店の基幹3店舗でスタートする。これに先駆けて10月1日、三越日本橋本店がクリスマスケーキの試写会を開催した。

今年、基幹3店舗では共通のテーマ「ファンタスティック テーブル」のもと、各店が独自性の高いクリスマスケーキを企画。五感に訴える独創性の高いものから、家族三世代で集う特別な日にふさわしいゴージャスなもの、ボリュームたっぷりのビッグサイズのものなど、各店の顧客層の嗜好に合わせたケーキが展開される。

三越日本橋本店には、ファミリー層に向けたクリスマスケーキが登場。「妖精たちのクリスマス」をテーマに、ウェディングケーキと記念日スイーツを展開する「アニバーサリー(Anniversary)」による、北欧に伝わる妖精・ニッセをモチーフにしたケーキ「House at little Christmas」(50点限定 7,560円)や、フランス菓子専門店「オクシタニアル(Occitanial)」が手掛けた、雪だるまをモチーフにした可愛らしいケーキ「ホーリーナイト」(50点限定 5,400円)、ウィーン王宮御用達の老舗洋菓子ブランド「デメル(DEMEL)」による、チョコレートをたっぷり使った「ハーゼルショコラーデントルテ」(70点限定 5,184円)など計55型のケーキがラインナップとして並ぶ。

今年の特徴について、三越日本橋の担当者は「昨年の売上げは前年比118%だったので伸びてはいるのですが、1日に物理的にお客様にケーキをお渡しできる最大値は決まってしまっているので、売上げ面よりもイメージに重点を置いて企画しました。百貨店ではなくてはできないことを、基幹3店舗それぞれのストアコンセプトを表現できれば、というのが今年の特徴です」と語る。

さらに、三越日本橋店での展開については「『妖精たちのクリスマス』というがテーマなので、ご家族でクリスマスを楽しまれる層に向けた、モチーフもののケーキが多いです。例えば、妖精だったり、プレゼントの箱の形だったり、ティアラだったり。男の子や女の子が喜んでくれるようなものを、とパティシエの方々にお願いしましたので、シンプルなショートケーキのようなものも取揃えてはいるのですが、比較的デコラティブなものが今年は多くなりましたね」とのこと。

また、“カルチャーリゾート百貨店”を店舗テーマとして掲げている三越日本橋店だが、今回の企画ではケーキ以外にもその心は息づいている。

「ケーキを食べる時に、美味しいだったり、楽しいというのはもう当たり前になっているので、選んでいる時、カタログを眺めている時にもその楽しいさが生まれればと思い、“日本一遊べるケーキカタログ”を目指しました。実際にどうしたかというと、『脱・カタログ化』です。カタログから“絵本”を作ってしまいました。北欧に伝わる妖精・ニッセがクリスマスの準備をしている、というお話を全ページにストーリーとして入れて、二世代、三世代でクリスマスケーキを選ぶところから楽しめるものを目指しました」と明かしていた。

また、伊勢丹新宿本店では「セレンディピティ(幸運をつかむ)」をテーマに、“運命を変えるほどの出会い”を表現した計42型のケーキが、三越銀座店では「ohako(おはこ)」をテーマに、シェフやブランドが十八番とするレシピや得意な技が光るものなど計50型のケーキが展開される。

《編集部》

関連記事