震えても食事ができるスプーン「リフトウェア」、国内発売

「リフトウェア」の外観
2015年10月5日(月) 11時00分 提供元: RBB TODAY
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
「リフトウェア」の外観
「リフトウェア」の外観
「リフトウェア」の使用イメージ
「リフトウェア」の使用イメージ
製品パッケージ
製品パッケージ

 Googleは1日、手の揺れを軽減させるスプーン「リフトウェア」(Liftware)の国内販売が開始されたことを発表した。高齢者やパーキンソン病患者などの利用を想定している。

 同社が手がけたという「リフトウェア」は、手の震えを緩和し、食事を行いやすくするスプーンだ。グリップ部に内蔵されたセンサーが手の震えを感知。「手の動き」と「震え」を区別し、スタビライザーでスプーンを安定させることができる。スプーン取り付け外しで、電源は自動的にON/OFF可能。

 加齢やパーキンソン病などのほか、原因不明の手の震え(本態性振戦)、脳梗塞などによる手の震えに悩んでいる人たちの、食事をサポートすることを目的に開発された。

 日本では、フランスベッド販売サイト「介護宅配便」等から購入することが可能。価格は47,520円(税込。振動安定ハンドル、専用スプーン、充電器、USBケーブル、電源アダプター、携帯ポーチのセット)。

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事