レイザーラモンHG、「筋肉を造る極意」や「フィットネスを続けるコツ」を熱く語る

イベントに登場した、レイザーラモンHG
2015年10月13日(火) 15時00分
イベントに登場した、レイザーラモンHG
イベントに登場した、レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHGは、コスチューム姿ではなく“すっぴん”で一般参加者たちと「フィットネス体験」を行った
レイザーラモンHGは、コスチューム姿ではなく“すっぴん”で一般参加者たちと「フィットネス体験」を行った
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHGが、一般参加者たちと「フィットネス体験」を行っているところ
“すっぴん”のレイザーラモンHG
“すっぴん”のレイザーラモンHG
“すっぴん”のレイザーラモンHG
“すっぴん”のレイザーラモンHG
“すっぴん”のレイザーラモンHG
“すっぴん”のレイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
レイザーラモンHG

 10月12日、都内にて『定額フィットネスサービス 「レスパス」特別レッスン体験イベント』が実施された。

 同イベントは、定額フィットネスサービス「レスパス」をアピールするために行われたもの。

 レスパスは、都内を中心としたジムやスタジオを定額で利用できる、トレーニング・レッスンサービスで、本年4月からスタート。公式サイト「レスパス」から会員登録(入会金や初期手数料は無料)を行うだけで、首都圏や大阪、名古屋にある加盟スタジオで、ヨガやピラティス、ボルダリングといった、500以上のフィットネスレッスンを、月額9,800円(税抜)で予約・受講できる。

 今回のイベントでは、「体育の日」にちなんで“1日特別インストラクター”に就任した、お笑い芸人のレイザーラモンHG(以下、HG)が登場した。

 おなじみのコスチューム姿で現れたHGは、「トレーニングで一番ダメなことって、マンネリ化しちゃうことなんですよ。ひとつのジムに行ってると、運動が限られてきますし、ルーティンが決まってきちゃうんですけども、それだと(いろいろな)筋肉に刺激がいかない。だから、いろんな運動を選べて、筋肉にいろんな刺激をもらえるサービス(レスパス)はとても素晴らしいです! 筋肉が喜ぶと思います!」と言い、さまざまなポーズをとって、自慢の筋肉をアピールしていた。

 イベント司会者から、“たくましい筋肉を造る極意”を尋ねられたHGは「先ほどもお話しましたけど、マンネリを防ぐ! 筋肉は恋人だと捉えてますから。常に新しい刺激を求めて、いろんな種類のトレーニングをして刺激を与える。これを意識しております」とコメント。

 またHGは「朝8時半に子どもを学校に送って、そのままジムに行く。(ジム通いが)生活の一部になってるんですよ。歯を磨くのと一緒の感覚ですよ。人生のルーティンワークの中に入れちゃえば、もう自然とジムに行きますし。それが何の苦にもならないですから」と言い、フィットネスを続けるコツは「トレーニングを生活の一部に組み込んで、習慣化すること」だと断言していた。

 さらにHGは「トレーニングって十人十色でございます。僕はハードMでもあるので、辛いトレーニングが好きなんですよ。それが楽しくて、筋肉が成長していくのが楽しくてやっているんです。大切なのは、自分に合ったトレーニングを楽しんでやること。楽しんでやっていれば、続けることができますから。やっぱり、辛いなあと思ったら続かないですよ。どんだけトレーニングを楽しむか。自分に合ったトレーニングを自分で見つけて、習慣化すること。それが大事です」と話し、トレーニングを生活に取り入れるポイントを真剣に語っていた。

 このほかイベントでは、HGと一般参加者が、一緒にランニングマシンで走ったり、鉄アレイを両手に持って筋トレをする場面もあった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事