マイケル・ジョーダン、スーパースターが説く日々の大切さ「毎日努力を怠ってはいけない」

ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
2015年10月17日(土) 00時00分 提供元: CYCLE
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて

ナイキは、ジョーダンブランドの30周年を記念し、都内で発表会見を開催した。会見に登場したマイケル・ジョーダン氏は11年ぶりの来日となった。

ナイキの人気ラインアップである「エア ジョーダン 1」の登場から30年が経った。東京現代美術館では、10月16日~18日の間、「MUSEUM 23 TOKYO」を開催。マイケル・ジョーダン氏の軌跡をたどることができる展示となっている。

発表会ではマイケル・ジョーダン氏、ジョーダンブランド社長のラリー・ミラー氏、ジョーダン・ブランドのデザイナー、ティンカー・ハットフィールド氏が登壇した。

マイケル・ジョーダン氏は近年のバスケットボールについて言及した。「最近のバスケットボールはペースは早くなっていますが、それ以外は変わっていないと思います。そして、いまこのジョーダンを履いても十分通用するということです」

ハットフィールド氏が続けて「バスケットシューズは、いまも昔も変わらないと思います。いまでも、デザインをするときには、いつもマイケルが現役だったらというところが根本にあります。マイケルは空を飛んでいるかのような男でしたが、ジョーダンブランドはその存在をも超えるものになっていると思います」とした。

今後のジョーダンブランドについて、ジョーダン氏は「将来的に革新性を追い続けます。スタイル、ファッションを引き続き提供していきます。また、他の競技にも通用するものを提供したいと考えています。あらゆる分野のスポーツで挑戦をしていきたいですね。いままで作り上げたものをベースにしていきます」とした。

若いバスケットボールプレイヤーに対しては「まず試合、バスケットボールを愛すことです。そして勝利に対する意気込みが必要です」と話す。

「毎日欠かさず何かに打ち込んでいくことがポイントです。人間を磨き、選手としても成長していくこと。それはビジネスもバスケットボールも同じです。何事も自分で努力をし、その努力を怠ってはいけないということです」と述べた。

最後にジョーダン氏は「私たちは消費者の声に耳を傾けています。いち消費者、選手、いろいろな声を吸い上げ、みなさまを理解しようとしています。その結果、ジョーダンブランドはより良いブランドになっていくと思います」と締めくくった。

《土屋篤司》

関連記事