スポーツの力で地域活性化へ「スポーツ・バイ・アート新豊洲」、為末大の講演会開催10/19

為末大氏
2015年10月19日(月) 17時00分 提供元: CYCLE
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
為末大氏
為末大氏

東京ガス用地開発とワコールアートセンターの2社が組織するスポーツ・バイ・アート・イニシアチブは、2015年10月22日(木)まで豊洲シビックセンターにて、「SPORT×ART SHINTOYOSU展(スポーツ・バイ・アート新豊洲)」を開催している。

「スポーツ・バイ・アート新豊洲」は、新豊洲と呼ばれる江東区豊洲6丁目を中心とする豊洲ふ頭エリアのコミュニティづくりのための活動テーマだ。新豊洲エリアでは「心と身体の両面から考えるコミュニティづくり」を目指し、市民にひらかれたスポーツコミュニティ作りを行っている。

活動は、2014年度にスタート。「スポーツ・バイ・アート新豊洲展」では、2014年度からの活動と、2020年とそれ以降へ向けた将来構想をパネル展示と映像で紹介している。10月19日(月)には、ヤマハとヤマハ発動機が共同開発した音の出る電動アシスト車いす「&Y01」を特別展示する。会場は、江東区豊洲シビックセンター 1階ギャラリー。

また10月19日(月)18:30~20:00には、関連イベントとして、活動の一環である有識者によるフォーラム「TOYOSU会議」でチェアマンを務める為末大氏の講演会「為末大講演会~障害者スポーツの未来~」を開催。会場は、豊洲シビックセンターホール。参加費は無料。当日受付にて、座席指定券が渡される。

《美坂柚木》

関連記事