セカオワ「Dragon Night」が京急・羽田空港国際線ターミナル駅の駅メロに決定

SEKAI NO OWARI《写真:椿山和雄》
2015年10月23日(金) 18時00分 提供元: RBB TODAY
SEKAI NO OWARI《写真:椿山和雄》
SEKAI NO OWARI《写真:椿山和雄》
SEKAI NO OWARI《写真:椿山和雄》
SEKAI NO OWARI《写真:椿山和雄》

 4人組ロックバンド・SEKAI NO OWARIのヒット曲「Dragon Night」が京急電鉄・羽田空港国際線ターミナル駅の駅メロに採用された。

 京急電鉄の公式サイトは21日、「Dragon Night」採用を発表。京急ではこれまで線内21駅で、各駅のイメージやご当地ソングを愛用した駅メロを展開している。開業5周年を迎えた羽田空港国際線ターミナル駅は、21日より「Dragon Night」がホームに鳴り渡ることとなった。SEKAI NO OWARIが沿線の大田区で活動していることが採用の決め手となったそうだ。

 公式サイトでは同バンドから京急電鉄へのメッセージ動画も公開されている。リーダーのNakajinは、「僕らは大田区育ちですから感無量」「空港国際線ターミナル駅ということで、多くの外国の方にも聞いてもらえる」と喜んだ。

《原田@RBB TODAY》

関連記事