子どもの症状や経過を、医師に“うまく伝える”ためのiPhoneアプリ「病気メモ」がリリース

子どもの症状や経過を、医師に“うまく伝える“ためのiPhoneアプリ「病気メモ」がリリース
2015年10月30日(金) 12時45分
子どもの症状や経過を、医師に“うまく伝える“ためのiPhoneアプリ「病気メモ」がリリース
子どもの症状や経過を、医師に“うまく伝える“ためのiPhoneアプリ「病気メモ」がリリース
子どもの症状や経過を、医師に“うまく伝える“ためのiPhoneアプリ「病気メモ」が登場
子どもの症状や経過を、医師に“うまく伝える“ためのiPhoneアプリ「病気メモ」が登場
「メモタイプ選択」画面
「メモタイプ選択」画面
「その他メモ」画面
「その他メモ」画面
アプリ内のメニュー
アプリ内のメニュー
記録したデータは、日付ごとにリスト表示される
記録したデータは、日付ごとにリスト表示される
投薬や検温などのうっかり忘れを防止できる「アラーム機能」もある
投薬や検温などのうっかり忘れを防止できる「アラーム機能」もある
「プロフィール」登録画面
「プロフィール」登録画面
「アレルギー」登録画面
「アレルギー」登録画面
「体温グラフ」画面
「体温グラフ」画面

 ポップニート株式会社は、iPhoneアプリ『病気メモ』を10月30日にリリースした。

 同アプリは、子どもが病気になったときの状態や症状、経過などを、医師に“うまく伝える”ために制作されたもの。

 基本的な操作は、アプリ内にある「メモタイプ選択」で、子どもの状態に適した“ボタン”を選択するだけ。

 用意されているボタンの種類は、「症状(熱/けいれん/嘔吐/下痢)」「飲食・薬(飲食/投薬 処方薬・定時/投薬 処方薬・頓服/投薬 市販薬」「病院(受診記録/先生への質問・要望/検査済項目」「その他メモ」。

 このうち「その他メモ」では、子どもの状態をテキストで記録するだけでなく、写真をメモとして保存可能。言葉では説明が難しい状態(便の色や状態、病院ではでない発疹の状態など)でも、写真を見せるだけで、子どもの状態を、そのまま医師に伝えられる。

 また、投薬や検温などのうっかり忘れを防止できる「アラーム機能」があったり、子どものプロフィールや、アレルギー情報の登録も行える(登録できる人数は5名まで)。

 さらに、アプリで記録(登録)した情報は、家庭用プリンタで印刷できるため、問診表として、病院の受付で提出できる。

 なお、アプリのダウンロードは無料(記録ノート1冊付属/広告表示あり)だが、記録ノートの追加は有料(アプリ内課金で、1冊120円、5冊480円、12冊960円/1冊でも購入するとアプリ内の広告が非表示になる)。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事