新宿新南口にルミネの新商業施設「ニュウマン」来春オープン。都会の女性に向けた場所づくり目指す

NEWoMan メインエントランスイメージ
2015年10月30日(金) 18時00分 提供元: Fashion Headline
NEWoMan メインエントランスイメージ
NEWoMan メインエントランスイメージ
NEWoMan 内フロアイメージ
NEWoMan 内フロアイメージ
駅コンコースおよびエキナカショップイメージ
駅コンコースおよびエキナカショップイメージ
新宿駅新南口 通路(東側)
新宿駅新南口 通路(東側)
新宿駅新南口 広場
新宿駅新南口 広場
800 ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア 店内イメージ
800 ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア 店内イメージ
ココルミネ 店舗イメージ
ココルミネ 店舗イメージ
ルミネ ゼロ エントランスイメージ
ルミネ ゼロ エントランスイメージ
フードホールイメージ
フードホールイメージ
JR 新宿ミライナタワー1F 東側 歩道イメージ
JR 新宿ミライナタワー1F 東側 歩道イメージ
JR 新宿ミライナタワー1F 東側 歩道イメージ
JR 新宿ミライナタワー1F 東側 歩道イメージ

ルミネが16年春、JR新宿駅新南口に開業する商業施設「ニュウマン(NEWoMan)」の内容が26日発表された。

エリア初出店のおすすめショップをフロア別に解説

甲州街道沿いに現在建設中の32階建ての高層ビルJR新宿ミライナタワーの6フロア5,600平米と、新宿新南口駅構内(エキナカ/エキソト)を含む線路上空部3フロア2,000平米の売り場面積で展開。ショップ数は約100店舗、初年度売上高は約200億円を見込んでいる。エキナカ部分と駅上の一部が4月中旬に、それ以外の部分は3月下旬の2期にわたってのオープンを予定している。

今回の新商業施設は、既存のルミネ各館とは全く異なる「女性が輝き続けることができる経験と価値を提供する」ことを新しいコンセプトに、イベントホールや保育園、クリニック、屋上菜園など物販以外の施設、周辺環境を含めた総合施設としてのトータルプロデュースに挑戦。街づくりの視点で、渋谷、丸の内、品川、池袋など東京都内で再開発が進む他のエリアの「模範となるべき例を新宿が作っていく」と新井良亮ルミネ代表取締役社長。

そのため、駅と商業施設が街として一体化した環境デザインを提案するため、デザイナーにシナトの大野力を起用。ウッドを基調としたデザインで駅コンコースからエキナカ、ニュウマンから広場への境界を感じさせないことで街のつながりを意識し、地域との連携、共生を大きく掲げている。

テナントは約8割のショップが新宿エリア初の出店で、ユナイテッドアローズの「アストラット」、トゥモローランドの「イザベル マラン エトワール」と「スーパー ティー マーケット」、「エストネーション」、「メゾンキツネ」、オンワードグローバルファッション、ハーモニープロダクツなど国内アパレル、大手セレクトショップの新規業態店舗の導入が発表された。

また、ルミネ直営レストランとして米国西海岸の「800ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア」の日本1号店を出店。その他飲食では、新宿エリア初出店となる「トラヤカフェ」、軽井沢が本店の「ベーカリー&レストラン 沢村」、日本初上陸のNYウエストヴィレッジのトラットリア「ローズマリーズ」などを展開する。

今後、日本のものづくりを発信するココルミネ初の実店舗など直営への取り組みを強化。積極的に直営店舗の運営と商品開発・販売に取り組むことで、直営のノウハウを蓄積していく考え。

text:野田達哉

《野田達哉》

関連記事