広告

0歳からのエイベックス音楽知育プログラム、保育園で展開

bambeat!プログラムのイメージ
2015年10月31日(土) 18時00分 提供元: リセマム
bambeat!プログラムのイメージ
bambeat!プログラムのイメージ
bambeat!プログラムのイメージ
bambeat!プログラムのイメージ
bambeat!
bambeat!
年齢別のクラスを設置
年齢別のクラスを設置

 エイベックス・ニコは、0歳からの未就学児向け音楽知育プログラム「bambeat!(バンビート)」を、11月以降、都内保育園に順次導入すると発表した。音楽とダンスを軸に、0歳から始められるはじめての習い事として、子どもの隠れた才能を見出す取組みを行っていく。

 bambeat!は、発達心理学に携わりベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修なども行うお茶の水女子大学名誉教授の内田伸子氏の監修のもと開発された「こころ」と「からだ」と「あたま」の発達をサポートする音楽知育プログラム。エイベックス・グループで活躍する現役アーティストが作ったオリジナル音楽を使用し、コンサートのバックダンサー経験などを持ちママでもある一流ダンサーが講師を務める。

 プログラムは、0歳児から6歳児未満までを対象に各年齢の発達に合わせて制作されており、オリジナル曲を中心にわらべ歌のモダンアレンジや子どもも楽しいポップスを使用、音楽とダンスのプロフェッショナルを体験できる内容となっている。また、「Dance」「Music」のほかに「Play」「Art」と4つのカテゴリーで子どもの才能を発見できるような複合したプログラムを組んでいる。

 11月以降、パソナフォスターが運営する都内保育園へ順次導入を開始し、その後全国の幼稚園、保育園、スポーツジムなどへの導入に向け展開していく予定だという。

《畑山望@リセマム》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告