ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」

ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
2015年11月6日(金) 11時00分 提供元: CYCLE
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」
ナイキ、裸足感覚のシューズ「フリー トレーナー 1.0」

ナイキは、トレーニングを裸足感覚で行える「フリー トレーナー 1.0」を発売した。

フリー トレーナー 1.0は、トレーニングに必要な機能に加えて、重心を低く保てるように開発されたシューズだ。ボクサーの村田諒太にとっても、重心を低く保つことが身体をコントロールし、パフォーマンスを高めることにつながっている。

ソールはシリーズの中で最も屈曲しやすい構造で、裸足のような感触のシューズになっている。つま先とかかと部分のソールの厚さの差であるオフセットが0mmのため、足の筋肉がグリップやバランスのために使われる。ヒールカウンター部材はアウトソールのバランス調整に役立ち、ダイナミックフライワイヤーは足をシューズに安定させながら、横方向に安定性をもたらす。

ウエイトリフティングなどの荷重のかかる動きの時にも、薄いアウトソールと全体が同じ厚さのミッドソールが足を安定させる。ソックライナーの反発感のあるクッションは、快適さを提供。また、耐久性のあるアウトソールは、かかとやつま先のトゥーボックス、中足部分まで伸ばされており、激しいトレーニングで足を引きずった時の摩擦からシューズを守る。サイズは24.5-30cm。1万7280円(税込み)。

《美坂柚木》

関連記事