IMALU、ディズニーのゲスト声優抜擢で語る“親”のこと

オーロラ姫の娘・オードリーの声を務めるIMALU (C) Disney
2015年11月11日(水) 16時30分 提供元: RBB TODAY
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
オーロラ姫の娘・オードリーの声を務めるIMALU (C) Disney
オーロラ姫の娘・オードリーの声を務めるIMALU (C) Disney
『眠れる森の美女』のオーロラ姫とフィリップ王子の娘・オードリー (C)Disney
『眠れる森の美女』のオーロラ姫とフィリップ王子の娘・オードリー (C)Disney
ディズニー・オリジナル・ムービー『ディセンダント』 (C)Disney
ディズニー・オリジナル・ムービー『ディセンダント』 (C)Disney

 IMALUが、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作『ディセンダント』にゲスト声優として出演することが明らかになった。

 「ディセンダント」は英語で「子孫」を意味し、そのタイトル通り、”もしディズニーキャラクターに子孫がいて、10代だったら?”という発想から『ディセンダント』が生まれた。「悪役(ヴィランズ)の子どもは親と同じ悪の道に進むしかないのか?」というテーマのもと、悪名高き親を持つ子ども達の心の成長や友情、自分探しが描かれている。

 今回、IMALUが声優を務めるのは、「眠れる森の美女」のオーロラ姫とフィリップ王子の娘・オードリーだ。有名人の両親のもとに生まれたIMALUが、ヴィランズの子ども達と出会い、戸惑いそして徐々に変わっていくオードリーを声で熱演する。

 IMALUは、「私も父親は関西弁でお笑い芸人なので、私も仕事を始める前は『声がすごいガラガラなんじゃないか』なんて、言われていたことがありました(笑)。私だけではなく、親の職業によって子どもがプレッシャーを感じることはあると思います。ヴィランズの子どもたちも、『親のことも考えたいし、家族のことも考えたいし、でも本当の自分はこうなんじゃないかな』っていう葛藤をそれぞれ持っています。それは誰にでもあるし、この作品を見て色んな葛藤と共感できるんじゃないかなって思います。今までのディズニー作品にはなかった新しいテーマの作品なので、楽みにしている方も多くいらっしゃると思ます。自分自身でいることの大切さが大きいテーマとして伝わる作品になっているので、誰でも楽しめる作品です。ぜひご覧ください!」と、自分自身のこれまでの葛藤や作品の面白さを語った。

 『ディセンダント』は12月18日(20:00~)、ディズニー・チャンネルにて日本初放送。

《山本ちひろ@RBB TODAY》

関連記事