南キャン・山ちゃんがマッドサイエンティストに!? 「嫌われていることが報われた(笑)」

『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
2015年11月16日(月) 17時00分 提供元: cinemacafe.net
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
闇博士マーブロ/『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
闇博士マーブロ/『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映
『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』「ニンニンジャーVSトッキュウジャー」製作委員会 (C) テレビ朝日・東映AG・東映

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」と「烈車戦隊トッキュウジャー」が競演する『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』の敵役を、南海キャンディーズの山里亮太が務めることがこのほど明らかとなった。

「夢の忍者ランド」からの招待状が届き、ニンニンジャーは期待に胸をふくらませて出発した。しかし、彼らが乗ったのは、なんと妖怪烈車! 妖怪ワニュウドウが見せる幻覚で、天晴たちはピンチに陥ってしまう。そこへ現れたのは、かつて世界を闇で包もうとする悪の路線・シャドーラインと戦い、これを倒した烈車戦隊トッキュウジャーだった。彼らによれば「夢の忍者ランド」は、本当は「闇忍者ランド」。シャドーラインの残党・闇博士マーブロが、伝説の忍者の「闇クローン」を作るため、ニンニンジャーをおびき出したのである。天晴=アカニンジャーが闇のオーラに包まれ、そこからハイブリッド忍者「闇アカニンジャー」が誕生! このままでは天晴の忍タリティが失われ、天晴自身も消滅してしまう…。

今年40周年を迎えた「スーパー戦隊シリーズ」の第39作品目となる「手裏剣戦隊ニンニンジャー」。2大スーパー戦隊が競演を果たす「VS」シリーズ最新作として公開される本作では、『先輩と彼女』で披露した“アゴクイ”が「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となっている志尊淳が主演を務めた「烈車戦隊トッキュウジャー」との競演が実現する。

そしてこの度、ニンニンジャーとトッキュウジャーの前に立ちはだかる敵役・闇博士マーブロを、南海キャンディーズ・山里さんが演じることが決定! 山里さんが演じるマーブロは、忍者が好き過ぎて、伝説の忍者の闇クローンを産み出し、闇忍者ランドの支配人をもつとめるマッドサイエンティストという役どころ。マーブロは、頭脳明晰でありながら、忍者のこと以外に興味がない子どもっぽい性格の持ち主であり、山里さんならそのイメージを体現してくれるのではと、監督・プロデューサー満場一致でキャスティングに至ったそう。

今回の出演に関して山里さんは「僕でいいのかなっていうのが素直な気持ちですね。役作りも何もなく、普通に確認でセリフを読んだらそれだけで監督に『それです!』って言われて(笑)。僕が38年間歩んだ人生を表現してみたら、それがマッドサイエンティストだったということですね。初めて嫌われていることが報われました(笑)。歴史に名前を残すほど恐ろしい怪人を演じてますんで、ぜひ皆さん映画館で楽しんでくださいませ!」と、自虐を交えながらも手応えを語っている。

2日間の予定が1日で終わってしまうほどスムーズに撮影が進んだという山里さん。“天の声”としても知られる山里さんが、どんな”マッド”っぷりを発揮しているのか、大いに期待したい。

『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』2016年1月23日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連記事