薬膳インストラクターが、東洋のスーパーフルーツ「なつめ」を紹介

薬膳インストラクターが、東洋のスーパーフルーツ「なつめ」を紹介(写真は、なつめを乾燥させた「大棗」)
2015年11月25日(水) 17時30分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
薬膳インストラクターが、東洋のスーパーフルーツ「なつめ」を紹介(写真は、なつめを乾燥させた「大棗」)
薬膳インストラクターが、東洋のスーパーフルーツ「なつめ」を紹介(写真は、なつめを乾燥させた「大棗」)
薬膳インストラクターの清水朝子氏
薬膳インストラクターの清水朝子氏
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
清水朝子氏のセミナー資料
なつめを乾燥させた「なつめチップス」
なつめを乾燥させた「なつめチップス」
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニュー
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニュー
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューのひとつ
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューのひとつ
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューのひとつ
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューのひとつ
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューのひとつ
「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューのひとつ

 11月25日、都内にて『なつめいろ商品発表会および「なつめ活用セミナー」』が実施された。

 同イベントは、なつめ専門店「なつめいろ」が展開している商品をアピールするために行われたもので、薬膳インストラクター(「なつめいろ」商品開発部)の清水朝子氏が、セミナー講師として登壇した。

 清水氏は、過去に何度も身体を壊し、入院した経験があることを話したあと、体調を改善する方法を探す中で「東洋医学」に興味を持つようになり、食で体調を整える「薬膳」の知識を習得するに至ったことを伝えた。

 このあと清水氏は、東洋のスーパーフルーツとして「なつめ」を紹介。

 なつめは、クロウメモドキ科の果実で、中国や韓国では古くから栽培されており、日本へは奈良時代に中国から伝来し、民家の庭先で育てていた人も多かったという。また、主に中国料理や韓国の薬膳料理、韓国伝統茶に使われており、なつめを乾燥させた「大棗(たいそう)」は、漢方の重要な生薬としても活用されているのだとか。

 続けて清水氏は、大棗にさまざまな栄養素(ミネラル、マグネシウム、タンパク質、食物繊維、カリウム、パントテン酸、葉酸、鉄分、亜鉛など)が豊富に含まれていることを説明した。

 さらに清水氏は、なつめがもつ美容効果として「むくみ解消、貧血防止、便秘解消、ホルモンバランスを整える、二日酔いに効く、胃の調子を整える、リラックス効果があります。それだけでなく、なつめには妊産婦の健康を助けるパワー(葉酸、鉄分、カルシウム、亜鉛)もあります」と話していた。

 最後には、なつめを乾燥させた「なつめチップス」を使用した、なつめ間食メニューが振る舞われた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事