タランティーノ監督最新作!雪山に閉じ込められたクセ者8人の密室劇、公開決定

『ヘイトフル・エイト』 (C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc.  All rights reserved.
2015年12月7日(月) 20時00分 提供元: cinemacafe.net
『ヘイトフル・エイト』 (C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc.  All rights reserved.
『ヘイトフル・エイト』 (C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
『ヘイトフル・エイト』 (C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc.  All rights reserved.
『ヘイトフル・エイト』 (C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
クエンティン・タランティーノ - (C) Getty Images
クエンティン・タランティーノ - (C) Getty Images
サミュエル・L・ジャクソン - (C) Getty Images
サミュエル・L・ジャクソン - (C) Getty Images

鬼才クエンティン・タランティーノ監督の長編第8作目となる最新作『The Hateful Eight』の邦題が、『ヘイトフル・エイト』に決定。『ジャンゴ 繋がれざる者』や『パルプ・フィクション』のサミュエル・L・ジャクソンを始め、タランティーノ作品おなじみの面々が登場する密室ミステリーとして、2016年2月27日(土)より全国公開されることになった。

舞台は、南北戦争後のワイオミング州、とある雪山。雪嵐の中、ロッジに閉じ込められたワケありの7人の男と1人の女。人種も境遇もバラバラの8人だったが、分かっているのは全員が“嘘”をついているということだけ。やがて、そこで起こる殺人事件。犯人は?  そして動機は?  8人の本当の関係とは…? 

オープニングから、すべての会話と視線、何気ない身振りに、巧妙かつ緻密な伏線が仕掛けられているという本作。『ジャンゴ 繋がれざる者』に続く西部劇ながら、タランティーノ監督にとって初めての密室ミステリーとなった。一時は脚本が流出したことで製作が白紙となった本作だが、アメリカでは12月25日より一部劇場にて70ミリフィルムによる限定公開の後、2016年1月8日より一般公開となる。

『イングロリアス・バスターズ』など数々の作品で、映画愛に満ちたバイオレンス・アクションの世界を究め、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭パルム・ドールなどの栄冠を獲得してきたタランティーノ監督。サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーンら監督ゆかりのキャストほか、初参加となる紅一点のジェニファー・ジェイソン・リー、さらに“肉体美”で知られるあのイケメン俳優までも登場し、タランティーノ印のブラックな笑いと過剰なアクション満載の謎解きへと誘う。

ぶつかり合う“嘘”と“嘘”、やがて浮かび上がる予想外の“真相”。生き残るのは、いったい誰か!? 引き続き、続報を楽しみにしていて。

『ザ・ヘイトフル・エイト』は2016年2月27日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連記事