GACKT、「感覚が研ぎ澄まされて、味が深く感じた」と“暗闇ごはん”を堪能!

イベントに登場した、GACKT
2015年12月9日(水) 18時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
イベントに登場した、GACKT
イベントに登場した、GACKT
GACKTが、アイマスクを着用している様子
GACKTが、アイマスクを着用している様子
GACKTが「暗闇ごはん」を体験
GACKTが「暗闇ごはん」を体験
GACKTが、アイマスクをしてお茶を飲んでいるところ
GACKTが、アイマスクをしてお茶を飲んでいるところ
GACKTが、アイマスクをして食べ物を味わっているところ
GACKTが、アイマスクをして食べ物を味わっているところ
GACKTが「暗闇ごはん」を体験
GACKTが「暗闇ごはん」を体験
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKT
GACKTの全身ショット
GACKTの全身ショット
GACKTの全身ショット
GACKTの全身ショット
GACKTが「暗闇ごはん」体験で食べていた、黒豆きなこ
GACKTが「暗闇ごはん」体験で食べていた、黒豆きなこ
GACKTが「暗闇ごはん」体験で食べていた、南瓜のけいらん
GACKTが「暗闇ごはん」体験で食べていた、南瓜のけいらん
期間限定の暗闇ごはんイベントのために開発されたメニュー
期間限定の暗闇ごはんイベントのために開発されたメニュー

 12月9日、アーティストのGACKTが、都内で行われた『ネスレ×暗闇ごはん「SPECIAL.T In the Dark」発表会』に出席し、アイマスクを着用して“暗闇ごはん”を味わった。

 同発表会は、目をふさいだ状態でお茶と食べ物を味わい、嗅覚と味覚を研ぎ澄ませて味そのものを楽しむ、期間限定の暗闇食イベント「SPECIAL.T In the Dark」をアピールするために行われたもの。

 発表会に登場したGACKTは、アイマスクで視覚を閉ざした状況の中、手探りでお茶の湯のみや、食べ物の器を確認しながら、“暗闇ごはん”を体験。

 GACKTは、「ふだん感じる感覚よりも、はるかに研ぎ澄まされて、味が深く感じました。口の中で、どういうふうに(味が)変化していくのかっていうことに、集中できるっていうのは、面白いですよね」と、暗闇ごはんの感想を述べていた。

 またGACKTは、ここ数年の間に、海外で暗闇食イベントを楽しむようになったらしく「日本にはまだまだ、この文化(暗闇食)がないので、ぜひ皆さんに味わってもらいたい」とコメント。

 さらにGACKTは、「お茶っていうのは、単純に癒しのために、飲むだけのものではなくてね。食事と一緒に楽しんだり、いろんな楽しみ方があるんですよね、きっと。なので、それをひとつ一つ楽しんでいく。その楽しみを知っていくっていうのは、人生の至福なんじゃないかな」と言い、お茶の魅力を語っていた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事