日本発祥のスーパーフード「EDAMAME」の秘密に迫る!

日本発祥のスーパーフード「EDAMAME」の秘密に迫る!
2015年12月15日(火) 00時00分 提供元: 食育ずかん
日本発祥のスーパーフード「EDAMAME」の秘密に迫る!
日本発祥のスーパーフード「EDAMAME」の秘密に迫る!

日本ではどこの居酒屋にもあるであろう「枝豆」ですが、実は近年海外では、スーパーフード「EDAMAME」として注目を集めているようです。今回はこのスーパーフード「EDAMAME」について調べてみました。
【EDAMAMEの栄養価】
枝豆は大豆のさやが青いうちに収穫したもので、他の野菜にはあまり見られない、コレステロール値を下げるといわれているサポニンや細胞の活性化に役立つレシチン、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンなど、大豆特有の成分を持っているのが特徴です。それ以外にもビタミンB1を多く含み、アルコールの分解を促進してくれる効果や糖質をエネルギーに変えるのに不可欠で、疲労回復効果が期待できます。さらに、肝臓の働きを助ける良質なたんぱく質や身体の発育を助ける葉酸や大豆にはないビタミンC、カルシウム、鉄も含まれているという、とても優れた食材なのです。
【他の食材との食べ合わせで効果UP!!】
枝豆との組み合わせが良い食材を3つほどご紹介します。

かつお枝豆のビタミンB1、かつおのナイアシンで糖質や脂質の代謝を活発にし、効率よくエネルギーを消費できるので、肥満予防につながります。
レバー枝豆に含まれるビタミンCやタンパク質を摂る事で、レバーの鉄分の吸収力が上がります。
肉類枝豆はビタミンCを多く含む為、ビタミンCをほぼ含まない豚肉や牛肉などの肉類と組み合わせる事で、栄養バランスをよくすることが出来ます。

枝豆単体にもこのような効果が得られますが、他の食材と合わせる事でさらに効果がアップするので、いつもの食事に枝豆をプラスしてみても良いですね!





【EDAMAME料理色々】
枝豆を使った簡単料理を2品程ご紹介します。まず、食べ合わせの良い豚肉を使った炊き込みご飯です。*材料*白米・・2合枝豆(茹でてさやをはずしたもの)・・100g人参(粗みじん切り)・・1/4本豚薄切り肉・・50gA顆粒出汁・・小さじ2A醤油・・大さじ2A塩・・小さじ2Aごま油・・大さじ1
*作り方*

白米は洗ってザルで水気を切り、豚肉は一口大に切る。
炊飯器に白米、A、豚肉、枝豆、人参の順に入れ、2合の目盛りまで 水を入れて炊く。

次にバケットにのせたり、そのまま食べても美味しい枝豆ディップです。*材料*枝豆(茹でてさやをはずしたもの)・・100g粉チーズ・・大さじ1レモン汁・・小さじ1生クリーム・・大さじ3塩・こしょう・・各少々オリーブ油・・大さじ2
*作り方*材料を全てミキサー又はフードプロセッサーに入れて撹拌する。
どちらも簡単に出来てしまうので、ぜひお試しください!!このように普段何気なく食べている枝豆は、実はスーパーフードだったのです!といって食べすぎも良くありませんので、あくまでも他の食事と組み合わせて「EDAMAME」を食べましょう!!
 Text by りな/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》

関連記事