ジャン=ポール・エヴァン、サロン・デュ・ショコラ2016で“スパイスの魔術師”とコラボしたショコラを先行販売

「カーヴ ア ショコラ  “ラ サンセリテ”」(2,758円)
2015年12月18日(金) 11時00分 提供元: Fashion Headline
「カーヴ ア ショコラ  “ラ サンセリテ”」(2,758円)
「カーヴ ア ショコラ  “ラ サンセリテ”」(2,758円)
「コフレ “ラ サンセリテ”」(産地別ショコラ ショと胡椒のセット)(各3,510円)
「コフレ “ラ サンセリテ”」(産地別ショコラ ショと胡椒のセット)(各3,510円)
「エクスキ モモ」(写真はイメージ)
「エクスキ モモ」(写真はイメージ)
「エクスキ モモ」(3個/1,500円)
「エクスキ モモ」(3個/1,500円)
「エクスキ モモ」(2個/1,000円)
「エクスキ モモ」(2個/1,000円)
ジャン=ポール・エヴァン氏
ジャン=ポール・エヴァン氏
オリビエ・ロランジェ氏
オリビエ・ロランジェ氏
ボンボンショコラのイノヴァシオン
ボンボンショコラのイノヴァシオン
ボンボンショコラのアンジュ
ボンボンショコラのアンジュ

ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HEVIN)は、16年1月27日から31日まで東京新宿NSビルで開催される世界最大級のショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ2016」に出展する。

同祭典でジャン=ポール・エヴァンは、元三ツ星シェフで“スパイスの魔術師”とも呼ばれている、オリビエ・ロランジェとコラボレーションし、日本限定となる「カーヴ ア ショコラ “ラ サンセリテ”」(2,758円)を先行販売する。このショコラは、ジャン=ポール・エヴァンが選んだブラジル産、マダガスカル産、ペルー産のカカオの魅力がロランジェの“胡椒”によって引き出される。

“ブラジル産カカオ+スリランカ産胡椒”は、カカオの香ばしさやナッティーで力強い味わいが強調。“マダガスカル産カカオ+インドネシア産胡椒”は、カカオの華やかなベリー系の酸味が洗練され、よりフローラルな味わい。“ペルー産カカオ+ジャマイカ産胡椒”は、カカオの柑橘系フルーツの酸味がトロピカルフルーツの酸味に変化するという。

また会場では、2014年11月フランス北マレ地区にオープンしたジャン=ポール・エヴァンのショコラバー“CHOCOLATE BAR(RE)”で販売されている「エクスキ モモ」がプティサイズで日本初上陸する(2個 1,000円、3個 1,500円)。このアイスバーでは、マダガスカル産の最高級バニラを贅沢に使ったアイスを産地別ショコラ(マダガスカル産、サオトメ産、ヴェネズエラ産)でコーティング、仕上げにキャラメリゼされたアーモンドがトッピングされている。

このほか、ジャン=ポール・エヴァンのブース内販売スペースでは、バレンタイン限定商品やサロン・デュ・ショコラ限定のボンボンショコラ「イノヴァシオン」などの詰合せなども展開する。

《HEW》

関連記事