広告

前田敦子、AKB48の存続は「あと5年は大丈夫」

前田敦子【写真:竹内みちまろ】
2015年12月21日(月) 22時00分 提供元: RBB TODAY
前田敦子【写真:竹内みちまろ】
前田敦子【写真:竹内みちまろ】
前田敦子【写真:竹内みちまろ】
前田敦子【写真:竹内みちまろ】

 元AKB48で女優の前田敦子が、グループ存続について「あと5年は大丈夫」と私見を述べた。

 前田は、AKB48の高橋みなみとHKT48の指原莉乃とともに20日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」に出演。今も「元AKB48の」と呼ばれることに「それって、すごくうれしいこと」と“AKB愛”を示した。

 現在グループを背負って立つ存在の指原から「(AKBは)いつなくなると思います?」と不安げに質問され、「あと5年は大丈夫じゃないかな」と太鼓判。高橋も「リアルだね」と同意した。

 ただしAKB存続の大前提として前田は「秋元(康)さんが諦めなければ、じゃない? 歌詞書いてくれれば大丈夫」とコメント。すると指原は「秋元さん、最近『卒業』ってよく色んなところで言うよね」と不安げ。前田も秋元康プロデューサーが自身の「卒業」を口にしていることを「わたしもご飯食べてるときに言われた。『卒業しようかな』って」と明かした。

《花@RBB TODAY》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告