広告

「醤油をつけてお餅を食べる」のが全国的にポピュラー? 出身地によって違いも

「全国ご当地お餅人気投票」の結果
2015年12月24日(木) 14時00分
「全国ご当地お餅人気投票」の結果
「全国ご当地お餅人気投票」の結果
出身地によって「お餅の食べ方」には傾向がある?
出身地によって「お餅の食べ方」には傾向がある?

 年末となり、2016年の元旦まであと数日。新年を迎えて、お餅を食べる機会もあると思うが、「醤油をつけて食べる」という人が全国的に多いらしい。

 12月22日、ソフトブレーン・フィールド株式会社は、12月8日~12月14日の間、全国の20代~60代の男女3,854名を対象に「全国ご当地お餅人気投票」を実施し、その結果を発表した。

 投票数を集計した結果、1位は「醤油をつける(2,579票)」、2位は「きなこ餅(2,152票)」、3位は「磯辺焼き(1,909票)」、4位は「砂糖醤油をつける(1,818票)」、5位は「あんころ餅(927票)」だった。

 今回の人気投票により、「お餅に醤油をつける」食べ方が、全国各地で最もポピュラーだったこともわかったが、出身地や家庭によって、お餅の食べ方に違いがあることも明らかに。

 そこで、投票者にお餅にまつわるエピソードを尋ねたら、 東京都出身の40代女性は「夫が宮城県で、夫の習慣に合わせて結婚後はお餅の食べ方が変わった、というか広がった。お湯餅、ずんだ餅、納豆餅の美味しさを知った(好きなお餅の食べ方:雑煮、おしるこ/ぜんざい、焼き餅、磯辺焼き、好きなお餅の味付け:あんこ、きなこ、醤油をつける)」という意見があった。

 また、茨城県出身の20代女性は「正月くらいしかお餅を食べませんが、正月になると焼き鮭が毎食出てきて、お餅を割ってもちもちしているところにくずした鮭をつけて食べます。その他、納豆やあんこをつけても食べますが、やっぱり納豆が一番美味しいです(好きなお餅の食べ方:そのまま食べる、好きなお餅の味付け:ほぐし鮭、納豆、あんこ)」と答えてくれた。

 そして、大阪府出身の40代女性は「焼いて、またはそのまま、鍋に入れて、他の具材と一緒に食べる。つけるのは『旭ポン酢』でないとだめ。大根おろしも入れると、ポン酢がよくからまって美味しい♪(好きなお餅の食べ方:焼き餅、鍋、好きなお餅の味付け:ポン酢、大根おろし)」というエピソードを教えてくれた。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告