年末年始で疲れた体をリセット!体が喜ぶ食事とは?

年末年始で疲れた体をリセット!体が喜ぶ食事とは?
2016年1月7日(木) 00時00分 提供元: 食育ずかん
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
年末年始で疲れた体をリセット!体が喜ぶ食事とは?
年末年始で疲れた体をリセット!体が喜ぶ食事とは?

年末年始は、いつも以上に食べたり飲んだりという日が続いたという方は多いのではないでしょうか。楽しく過ごした分、なんとなく疲労が長引いているように感じていることもあるでしょう。そんなとき、胃腸を休めつつ、しっかり栄養を摂ることも大切です。正しい食事で生活リズムを戻しましょう。
【水分をしっかり摂る】
食べ過ぎや飲み過ぎた後は、胃がもたれていたり、水分不足で体がむくみます。水分を補給することで血流を促し、老廃物が排出されやすくなります。まずは、お水を飲んで胃腸の働きを落ち着かせましょう。水分が不足すると脂肪の代謝効率が悪くなるだけでなく、老廃物をため込んで肌荒れや便秘の原因になりかねません。また、アルコールが分解されるときにも肝臓では水分を必要とします。アルコールの利尿作用によって水分不足になりやすいので、意識して水分を摂るようにしましょう。
【カリウムの多い食材を摂る】
水分を摂ることで老廃物の排出に繋がると書きましたが、さらに促すのがカリウムです。カリウムは、体内でナトリウムとバランスを取って水分を保っています。アルコールや塩分の摂り過ぎによってこのバランスが崩れ、悪酔いやむくみなど体に不調が表れます。このバランスを整えるためにもカリウムの多いフルーツを食べましょう。特にカリウムが多く、消化が良いのでバナナがおすすめです。季節を問わず手に入りやすく、値段も手ごろなので摂りやすいでしょう。(りんごやキウイ、かんきつ類でもOK!)





【温かい食事を摂る】
体の調子を整えるにはビタミン・ミネラルが必要不可欠です。その為には、野菜を取りたいところですが、サラダよりも消化に負担をかけないために温かい食事で、さらに低脂質・低カロリーな野菜スープがおすすめ。コンソメや鶏ガラスープなどで薄めな味付けにしましょう。野菜だけでなく、きのこやこんにゃく、海藻類を入れて食物繊維も取り入れることで、余分な脂質を吸着します。また、よく噛んで食べることで消化・吸収も助けてくれます。
胃腸を休めたら、少しずつ普段の食事に戻します。消化の良いご飯や麺、野菜、お魚、脂肪の少ないお肉などを摂るように心がけると良いです。ついつい油の多いこってり系の食事を食べたくなりますが、控えめにしてください。体調万全で2016年をスタートさせましょう!
 Text by ざわちゃん/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》

関連記事