グンゼが衣料型ウェアラブルシステムを開発…着るだけで生体情報を計測

グンゼが衣料型ウェアラブルシステムを開発…着るだけで生体情報を計測
2016年1月8日(金) 17時00分 提供元: CYCLE
グンゼが衣料型ウェアラブルシステムを開発…着るだけで生体情報を計測
グンゼが衣料型ウェアラブルシステムを開発…着るだけで生体情報を計測
グンゼが衣料型ウェアラブルシステムを開発…着るだけで生体情報を計測
グンゼが衣料型ウェアラブルシステムを開発…着るだけで生体情報を計測

グンゼは、着るだけで姿勢、消費カロリー(活動量)、心拍などの生体情報を計測でき、日常的に肌着として着用できる「衣料型ウェアラブルシステム」を開発した。

衣料型ウェアラブルシステムの開発には日本電気(以下、NEC)が技術協力をしている。導電性繊維をニット(編み)技術でインナーに加工し、姿勢センサーや配線として活用。そのため、センサーや配線部分もニットで伸縮して身体にフィットするため、日常的に着用できる。測定項目は、姿勢、消費カロリー、心拍。洗濯も可能だ。

姿勢センサーは、グンゼ研究開発部で、身体の動きによる皮膚の伸縮を計測したデータに基づき、最適な生体情報を取得できる設計となっている。デザインは、グンゼスポーツのノウハウを活用。着用中の姿勢を測定できるデザインを採用した。

データはスマートフォンに無線通信で自動送信され、専用アプリでデータを確認できる。取得したデータはNECのクラウド上で管理。姿勢・ゆがみ・くせなど身体の状態が見え、姿勢改善や肩こり予防に役立つアドバイスの提供、利用者間の比較や傾向分析などのサービスを提供する。

衣料型ウェアラブルシステムは、東京ビッグサイトで1月13日~1月15日に開催される第2回ウェアラブルEXPO(ウェアラブル端末の活用と技術の総合展)に出展される。

《美坂柚木》

関連記事