ドリカム、2017冬季アジア札幌大会のイメージソングを歌う

DREAMS COME TRUEの「WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKESVERSION ~」が2017冬季アジア札幌大会の大会イメージソングに決定
2016年1月22日(金) 08時00分 提供元: CYCLE
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
DREAMS COME TRUEの「WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKESVERSION ~」が2017冬季アジア札幌大会の大会イメージソングに決定
DREAMS COME TRUEの「WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKESVERSION ~」が2017冬季アジア札幌大会の大会イメージソングに決定
2017冬季アジア札幌大会
2017冬季アジア札幌大会

2017冬季アジア札幌大会組織委員会は、2017年に北海道札幌市と帯広市で開催される2017冬季アジア札幌大会の大会イメージソングに、 DREAMS COME TRUEの「WINTER SONG ~ DANCING SNOWFLAKESVERSION ~」が決定したと発表した。

同曲は、大会と開催地・北海道の魅力を国内外の多くの人々に伝えられる曲として選ばれた。スノーフレイクス(雪の結晶)のキラキラとしたアレンジや全編英語詞による海外への広がりなど、北海道の冬を印象付け、国際的な総合スポーツ大会を彩るイメージソングにふさわしい楽曲になっている。

また、DREAMS COME TRUEが日本のトップアーティストであると同時に、ボーカルの吉田美和さんが北海道出身であるなど深い縁があり、北海道をこよなく愛してくれているアーティストであることから選定された。

WINTER SONGは1月21日午後2時より大会公式サイトで公開。2月5日から開催されるさっぽろ雪まつりやおびひろ氷まつり、大会の競技予定施設、市内の小中高校などでのPR展開も予定している。大会イメージソングを活用したプロモーションビデオは、4月下旬頃に公開予定。

大会イメージソング決定を受け、DREAMS COME TRUEは「北海道はドリカムにとって、とてもとても大事な故郷。私たちの歌で、2017冬季アジア札幌大会を思いっきり盛り上げる」とコメントしている。

2017冬季アジア札幌大会は2017年2月19日~2月26日に開催。スキー、スケート、アイスホッケー、カーリングなどの競技が行われる。

《美坂柚木》

関連記事