広告

X JAPANドキュメンタリー、米映画祭で世界初公開!YOSHIKIのライブも決定

YOSHIKI
2016年1月22日(金) 14時00分 提供元: RBB TODAY
YOSHIKI
YOSHIKI
映画 「WE ARE X」
映画 「WE ARE X」

 X JAPANのドキュメンタリー映画 「WE ARE X」が、現地時間1月23日~24日にアメリカで開催される「サンダンス映画祭」で世界初公開される。22日には、YOSHIKIが現地でピアノパフォーマンスを行うことが決定した。

 映画 「WE ARE X」は、X JAPANの偉業と世界各国を巡ったツアーを中心に、不屈の精神を持ったバンドの勝利と悲劇の軌跡を追うドキュメンタリー。23日の14時30分に、ワールドシネマ・ドキュメンタリー部門の一作品として試写が行われる予定で、YOSHIKIと製作チームは14時からレッドカーペットを歩く。

 また22日21時には、YOSHIKIがサンダンス映画祭史上初となるオフィシャル・パーティーに出演。ヘッドライナーとしてピアノパフォーマンスを披露する。野外会場で行われる同パーティーには、フライング・ロータス、ネオン・インディアン、ダン・ディーコンなどのパフォーマンスも予定されている。さらにYOSHIKIは、24日16時にも同映画祭のアスキャップ・カフェでライブパフォーマンスを行う。

 映画についてYOSHIKIは、「ドキュメンタリー“WE ARE X”のファーストカットを見た時は圧倒されました」とコメント。続けて「プロデューサーのジョン・バトセックと監督のスティーブン・キジャックが二度と自分では開ける事がないと思っていた扉を開きました。暗い思い出が、将来に意味のある事になるとは思っていませんでした」と明かし、「皆さんにも我々の歴史と未来を見ていただく証人となっていただきます」と語った。

《木村@RBB TODAY》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告