大塚食品、ヘルシーなパックごはんに北海道米「ゆめぴりか」をブレンド

「マンナンごはん」
2016年3月7日(月) 14時30分
「マンナンごはん」
「マンナンごはん」

 大塚食品は、「マンナンヒカリ」シリーズとして、パックごはん『マンナンごはん』を3月7日から発売する。

 同シリーズでは、“毎日のごはんで無理なくカロリーコントロール”をテーマにした、こんにゃく生まれの米粒状加工食品を2001年から提供。

 新商品の特長は、こんにゃく生まれの米粒状加工食品「マンナン」に、北海道産のお米「ゆめぴりか」をブレンドし、黒部川扇状地湧水群の名水を使用して炊き上げているところ。

 また、通常の白米ごはんと比較して、糖質・カロリーを25%カット。さらに、食物繊維(4.8g)も含まれており、“ごはんのカロリーが気になる方でも無理なくヘルシーにカロリーコントロールができる”商品として展開される。

 希望小売価格は税込160円で、コンビニエンスストアほか、量販店、一般小売店やドラッグストアで販売される。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事