広告

ジュエリーのようなテーブルウェア 「ミノバ セラミック ジュエル ナイフ」から新シリーズが登場!

Minova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の新シリーズ「Pearl White(パール ホワイト)」が4月に新登場
2016年3月17日(木) 15時00分 提供元: cinemacafe.net
Minova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の新シリーズ「Pearl White(パール ホワイト)」が4月に新登場
Minova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の新シリーズ「Pearl White(パール ホワイト)」が4月に新登場
ダイニングシーンを華やかに彩るMinova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の「ROYAL GARDEN」
ダイニングシーンを華やかに彩るMinova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の「ROYAL GARDEN」
Minova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ) ショートナイフ・ケーキサーバーセット
Minova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ) ショートナイフ・ケーキサーバーセット
ダイニングシーンを華やかに彩るMinova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の「YUSAKURA」
ダイニングシーンを華やかに彩るMinova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)の「YUSAKURA」

ダイニングシーンをファッショナブルに演出する、ジュエリーのような新しいテーブル・ファッションブランド「Minova Ceramic Jewel Knives(ミノバ セラミック ジュエル ナイフ)」から、某有名ジュエリーブランドとのコラボレーションのきっかけとなった新シリーズ「Pearl White(パール ホワイト)」が、2016年4月に新登場。全国の百貨店および、日本橋木屋直営店、公式オンラインショップにて発売となる。

「ミノバ セラミック ジュエル ナイフ」は、日本を代表する陶磁器産地「美濃」「瀬戸」、金属刃物産地「関」「燕三条」の選りすぐりの14社が協力し、3か月と30行程以上の手間暇をかけて丹念に作り上げられているメイド・イン・ジャパンブランド。既に国内外から注目を集め、日本での商品展開をスタートした2012年11月から、わずか4年弱という若いブランドながら、フランクフルトで開かれる国際見本市アンビエンテを拠点に海外への輸出を展開。ハイエンドな海外のメゾンブランドから制作のオファーを受けるなど、注目度が急上昇している。

「ミノバ セラミック ジュエル ナイフ」は、真珠のような純白さ、エレガントなフォルム、まるでジュエリーのようなエレガントさを兼ね備えた新しいテーブルウェア。宝飾品グレードの高純度のジルコニアセラミックを精緻に磨きあげて作られている。一見して洋食器のような印象を受けるが、日本の草花をモチーフにしたデザインが絵付加飾されていて、和の要素も感じられるところから、外国人へのギフトとしても喜ばれている。

セラミックナイフを使い慣れていない、という人もいるかもしれないが、セラミックナイフは陶磁器の仲間なのだが、強度が高く、錆びることがない上に、耐摩耗性の高い素材なので、切れ味が長持ちする。また切った素材が新鮮、変色しにくいなど、金属のナイフとは異なる優れた特長がある。実際に使ってみると、薄く繊細な雰囲気でありながら、切れ味は抜群。ホームパーティなど、人が集う場面で、食卓に華やぎをもたらし、フルーツやケーキ、チーズ、スコーンなどを切り分ける喜びが増すようなテーブルナイフだ。

今回、新登場の「Pearl White(パール ホワイト)」シリーズは、「The Minova (ザ ミノバ)」、「Royal Garden(ロイヤルガーデン)」、「YUSAKURA (夕桜)」の3アイテムをラインナップ。真珠のような純白さと、シンプルなゴールドのデザイン。もともと、ニューヨークのショーのためにデザインを起こし、アメリカのデパートバイヤーから称賛され、某有名ジュエリーブランドとのコラボレーションのきっかけとなったシリーズでもある。価格は、ショートナイフ 10,800円、スタンダードナイフ 16,200円、ケーキサーバー 5,400円、ショートナイフ・ケーキサーバーセット 16,200円、スタンダードナイフ・ケーキサーバーセット 21,600円。

結婚式など特別なお祝いのギフトのニュースタンダードとして、今後も楽しみなブランドだ。

《text:Miwa Ogata》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告