冬のキャベツとどう違う?春キャベツを楽しもう!

冬のキャベツとどう違う?春キャベツを楽しもう!
2016年3月23日(水) 00時00分 提供元: 食育ずかん
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
冬のキャベツとどう違う?春キャベツを楽しもう!
冬のキャベツとどう違う?春キャベツを楽しもう!

  
春野菜がとても美味しい季節になりました。キャベツは年中食べられる野菜ですが、春キャベツは葉が柔らかく、甘くて格別!!今しか食べられない旬のお野菜を食べましょう!
【キャベツと春キャベツって何が違うの?】
一般的なキャベツは寒玉キャベツで、形が楕円で葉の間には隙間がなく、葉は硬くて厚く、焼きそばなどの炒め物やロールキャベツなどの煮物にも向いています。「冬キャベツ」は秋から初春までのもの(高冷地等では夏から秋の高原キャベツ)をいいます。一方、「春キャベツ」は形が丸くて小さく葉の巻きが緩く、葉は柔らかくて水分が多く、甘味があってサラダや浅漬けなどに向いています。3月ごろに旬を迎え、7月頃まで出回ります。キャベツを選ぶポイントですが、寒玉キャベツは巻きがしっかりしていて重みがずっしりしているものが良いのに対して、春キャベツは巻きが緩くふわっと軽いものが美味しいとされています。春キャベツは成長してしまうと特徴の甘みと柔らかさが減ってしまうため、成長しすぎていないものを選びましょう。
【シンプルに食べるのが一番!】
春キャベツは、葉の柔らかさを活かして生で食べるのが一番おいしいですね。ごま油や塩昆布と和えるだけでもおいしくいただけます。生で食べる場合の難点は、量がたくさん食べられないこと。火を通し過ぎるとくたくたになっておいしくありませんが、春キャベツもサッと加熱するならカサも減ってたくさん食べられます。シンプルなオイルベースのパスタにも合わせやすいですよ。





【簡単に作れるちょっぴりおしゃれなレシピ】
☆春キャベツの粒マスタード和え◎材料春キャベツ・・1/4個お酢・・大さじ1しょうゆ・・小さじ1/2レモン汁・・大さじ1/2粒マスタード・・大さじ1/2オリーブ油・・大さじ1
◎作り方

食べやすい大きさにちぎり、耐熱皿に広げてふわっとラップをして電子レンジで3分(500W)加熱し、ラップを外して粗熱を取る。
すべての調味料を合わせ、水気を絞ったのキャベツを和える。

瑞々しい春キャベツには、ビタミンCや食物繊維、カリウムなど毎日摂りたい栄養素がたっぷりです!旬の春キャベツを食事にプラスしてみませんか?
 Text by ざわちゃん/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》

関連記事