世界女子カーリング選手権、日本代表が予選リーグ1位タイで通過

藤澤五月 参考画像
2016年3月26日(土) 10時00分 提供元: CYCLE
藤澤五月 参考画像
藤澤五月 参考画像
カーリング 参考画像
カーリング 参考画像

カナダで開催中の世界女子カーリング選手権で、日本代表として参加しているロコ・ソラーレ北見が決勝トーナメントに進出を決めた。予選リーグ採取日には世界ランキング1位のカナダを下すなど勢いに乗る。

12カ国で争われる世界選手権。日本は予選でデンマーク(4-11)とスイス(4-7)には破れたが、順調に勝ち星を積み重ねた。

地元カナダ代表との試合は第1、第2エンドで日本が2点ずつ奪いリードを広げる。カナダも2点を返すが第6エンドで日本は大量6点を獲得。11-2となったところでカナダがギブアップした。

日本は予選をスイスと1位タイで決勝トーナメントに勝ち上がった。

日本代表のロコ・ソラーレ北見は、2月に開催された全日本選手権で初優勝を飾り世界選手権の切符を手に入れた。メンバーは、リード吉田夕梨花、セカンド鈴木夕湖、サード吉田知那美、スキップ藤澤五月、リザーブ本橋麻里。

決勝トーナメントは3月26日から。プレーオフで日本はスイスと対戦する。

《編集部》

関連記事