広告

【3時のおやつ】韓国で大人気のコリアンデザートカフェ「ソルビン」で韓流かき氷を!

SULBING HARAJUKU「インジョルミ・ソルビン」
2016年6月5日(日) 15時00分 提供元: cinemacafe.net
SULBING HARAJUKU「インジョルミ・ソルビン」
SULBING HARAJUKU「インジョルミ・ソルビン」
SULBING HARAJUKU「インジョルミ・トストゥ」
SULBING HARAJUKU「インジョルミ・トストゥ」
SULBING HARAJUKU「リアルチョコ・ソルビン」
SULBING HARAJUKU「リアルチョコ・ソルビン」
SULBING HARAJUKU「マンゴートストゥ」
SULBING HARAJUKU「マンゴートストゥ」
SULBING HARAJUKU「センタルキ・ソルビン」
SULBING HARAJUKU「センタルキ・ソルビン」
ソルビン 店舗イメージ
ソルビン 店舗イメージ
ソルビン 店舗イメージ
ソルビン 店舗イメージ

JR原宿駅前に、韓国で大人気のコリアンデザートカフェ「SULBING(雪氷:ソルビン)」が6月30日(木)よりオープン。今夏のかき氷市場の新旗手となるかが注目されるブランドのひとつだ。

「SULBING(雪氷:ソルビン)」は、“伝統とモダンが混じりあった暖かく温もりがある感覚”をコンセプトに、韓国の伝統菓子“ピンス(かき氷)”に斬新なアイデアを加え、現代風にアレンジしたスイーツを提供するコリアンデザートカフェだ。

2013年に釜山に1号店をオープンし、2014年には1年間で最も消費者のニーズに応えヒット商品を生み出した12ブランドに贈られる「韓国ブランド大賞」を受賞。韓国国内で500店舗を展開する人気ぶりで、韓国に一大かき氷ブームを巻き起こした。また、韓国以外にも上海やバンコク、アメリカにも進出しており、今回ついに日本に初進出を果たした。

特徴的なのは、口に入れた瞬間にすっと溶けてしまうふんわりとしたパウダースノーのようなミルクかき氷。氷なのに冷たく感じない新感覚デザートという形で若者を中心に人気を獲得した。

6月30日オープンの「SULBING HARAJUKU」では、看板メニューでもある「イルジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」をはじめ、2016年3月にH.I.Sが発表した「本場で食べたい! 世界の絶品スイーツランキング」で1位を獲得した「センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)」、冬でも人気のホットスイーツ「インジョルミ・トストゥ(きな粉餅トースト)」などに加え、日本限定メニューも導入予定だ。

きな粉餅など、日本でも馴染みのある素材を使った韓流かき氷や、きな粉餅トーストやマンゴートーストなど冬でも楽しめるホットスイーツのメニューなど、新感覚のメニューがずらり。

「SULBING HARAJUKU」は、カフェ、イートインスペース、テイクアウトが利用でき、座席数は82席、全席禁煙。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告