今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
2016年8月4日(木) 18時30分 提供元: 食育ずかん
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

お子さんも年齢が進むにつれて自分でやってみたいという衝動が増えてきますね。そんなちびっこ達のために簡単で美味しく出来るレシピをご紹介します。今回のレシピは暑くなる季節にピッタリのプルプル杏仁豆腐。あのお菓子を使えば簡単に作れちゃいますよ!
【お手伝いしてくれる保護者の方へ】
このレシピはお子さんが主役となって作れるものにしていますが、加熱作業がありますので月齢に合わせたお手伝いをお願いします。ついつい手を出したくなる場面が出てくるかもしれませんが、温かい目で見守って一緒に楽しく作って下さい!
【プルプル杏仁豆腐】
○材料(小さい器4~6個分)A冷蔵庫から出したての冷たい牛乳・・200mlAマシュマロ・・80gアーモンドエッセンス・・10~15滴ミントの葉・・お好みで○作り方耐熱容器にAを入れてフワッとラップをする600Wの電子レンジで2分~2分30秒加熱する を混ぜながらマシュマロを溶かす溶けたら、泡をすくい取る の粗熱が取れたら、アーモンドエッセンスをふり入れる器に注いで冷蔵庫で冷やし固める
【調理ポイント】
・今回はバニラ味のマシュマロを使用しました。・作り方のラップはピッチリすると牛乳があふれることがあるため、フワッとして下さい。・沸騰してしまうとマシュマロの中の固まる力が弱くなります。冷蔵庫から出したての牛乳を使うことで沸騰するリスクを軽減します。・マシュマロに含まれる空気で泡が出るため、今回はすくい取りました。そのまま固めると食感の異なる2層に分かれますので、お好みのタイプで作ってみてください。・マシュマロの甘さや香りに負けないようにアーモンドエッセンスは少し多めに入れています。





【作った感想】
最初は本当に固まるのか半信半疑でしたが、作ってみてこのプルプルにはまりました!マシュマロの量を加減すれば、柔らかくもかたくも出来ます。私が試した範囲では、今回の牛乳の量に対して60gのマシュマロがかたまるギリギリかなという印象でした。色々なメーカーのマシュマロで挑戦しましたが、仕上がり具合はどれもほぼ同じでした。しかしメーカーによって出来上がりが少々粉っぽく感じるものがありました。今回は簡単にしたのでシロップなどはつけませんでしたが、お好みでかけて召し上がってもおいしくいただけます!
【栄養ポイント】
今回は牛乳に含まれるカルシウムにスポットを当ててご紹介します。「丈夫な骨作り」や「イライラ抑制効果」が期待出来るカルシウムは、成長期のお子さんからご年配の方に至るまで、どの世代の方にも積極的に摂っていただきたい栄養素のひとつです。カルシウムは吸収率の悪さが指摘されますが、牛乳に含まれるものは乳糖やカゼインホスホペプチドという成分のおかげで他の食材よりも効率よく摂ることが出来ます。また、ビタミンDやたんぱく質を含む食材と一緒に摂ることで、体内への吸収率も上がります。飲むだけでなく、料理やお菓子作りと幅広く利用できる牛乳をぜひ日々の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。
【プルプルの秘密は・・・?】
ずばり!マシュマロに含まれるゼラチンです!!マシュマロの原材料は砂糖や水飴、ゼラチン、コーンスターチなど。ゼラチンは動物や魚類の皮膚や骨に存在するコラーゲンを基に作られています。この杏仁豆腐はゼラチンを温めて溶かし、冷やすと再び固まる性質を利用して作っています。ただしゼラチンは80以上で加熱すると固まる力が弱まるといわれていますので、沸騰させるのは禁物ですよ。今回は杏仁豆腐をご紹介しましたが、牛乳にチョコレートを加えてムース風に、ジュースに変えればゼリーに大変身☆(ムースの時は出てきた泡は取り除かずによく混ぜて作って下さい。)簡単なので、ご家族やお友達と挑戦してみて下さいね!
Text by さゆり/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》

関連記事